2018年6月 6日 (水)

自分の作品を売るという事

いつもお世話になります。
 これまで古瀬智志のすべてのリリース音源を販売サイト「Bandcamp」にて販売させていただいてきました。

Bandcamp内の古瀬智志のページ↓

https://kosesatoshi.bandcamp.com/

すべての作品で「投げ銭」制(→お客さんに値段を決めていただく制度)を取ってきました。「たとえ無料でダウンロードしていただいても、もし僕の作った音楽がその方の生活のほんの一部にでもなるならそれで充分」という僕なりの奉仕の気持ちと、実際には普通以上の高値で購入してくださる支援者の方が結構いらっしゃるおかげで、なんとなくバランスを取れながら、ここまでやってこれました。
 が、ここ最近の自分の身に起きるさまざまな出来事をふりかえり、「この世界は、有形無形に関わらず、人それぞれが創り出したものの価値を交換し合って成り立っている世界なんだな。やっぱり「無料は所詮タダ」なんだな」と思う事が多々ありました。

自分が何かを購入する側に立つ時でさえも、価値があるもの、本当に欲しいものはお金を出して購入したいし、それを「タダであげる!」と言われたときに、「やった~得した!」という思いと、「せっかくちゃんとお金をお支払いして自分のものにしようと思ってたのに・・」という残念な思いが複雑に混ざりあったりします。結局せっかく手に入ったのにあまり幸せを感じないという事も何度がありました。

よく「無料で手に入れたものは大切にしない」とか言いますが、それ以上に

無料で手に入れたものは、持ち物として、その人の人生にとってあまり価値を生み出さない

という思いが今はとても強いです。
これまでたくさん作品を出してきましたが、今よりはるかに未熟だった頃から、その時できる目一杯の情熱を込めて製作・発表してきた楽曲ばかりなので、これからはしっかりお金を頂いて、その喜びと情熱を持って次なる作品をまた届けていきたいと思っています。
ということで!!

今日から全ての楽曲を1曲150円で統一させていただきました。ペイパルの手数料を除いて1ダウンロード毎に僕はみなさんから100円ずす頂戴できる値段設定です。これまでもっと高値で購入してくださった方には感謝の気持ちで一杯ですし活動の血肉にさせていただいております。無料でダウンロードして聴いてくださった方々も僕の音楽に耳を傾けてくださってありがとうございました。
アルバム単位でも、1曲単位でも、すべて同じ値段になっています。納得いくまで視聴して頂いて、(視聴は無料ですからどうぞ好きなだけ!!)、好きな曲を選んで購入して頂くなり、アルバム全体を購入して流れを楽しんで頂くなり、みなさんが好きな方法でご利用いただければ嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたします。

2018年1月31日 (水)

第6弾はアルバムタイトルチューン『Miracle Night』!!

第5弾『ER』はみなさん聴いていただけましたか?
現在進行中のアルバム『Miracle Night』から1曲ずつ発表していく今回のシリーズもいよいよ後半戦に突入です!
今回の第6弾は、アルバムタイトルにもなっている『Miracle Night』という曲です。この曲が完成したことで、ようやくふわふわとしていたアルバム全体のイメージがバシっと決まった感じがしました。タイトルチューンという事もあり、当然とても大切な1曲です。
僕の音楽に出てくる主人公たちは、結構内向的で口下手で、愛をたくさん持っているのに、それを外に出すのがちょっと下手で、気苦労していて・・
そういう人たちがとても多いのはもうみなさん既にご存知の通りなのですが(笑)、じゃあもう、あきらめて何もしない何も言わないという楽ちんな道を選ぶのかというと、そうでもなくて、往生際が悪くて、ささやかな希望を捨てられなくて、だから苦労が絶えない人たちなわけです。ある意味では僕と間逆であり、ある意味では僕そのものでもある、いったいいつからこういう世界に傾倒していったのか笑笑笑
自分でもよくわからないのですが、そういう人たちに僕はなぜか人一倍心惹かれるし、「お前だけじゃないぞ、腐るなよ!」っていうエールを送りたい。輪の中心で楽しくやれてる人はそれで良いんです。でもそこに入れず苦労している人たちに僕は心奪われてしまうのです。もしかしたら僕の音楽を必要としている人はそんなに数が多くないもかもしれません(それは世界にとって良い事かも知れない)が、でもそんな彼ら、彼女らへの思いが、僕の創作意欲の源泉となっているのは間違いありません。
アルバム『Miracle Night』は夜の世界を描いた群像劇のような構成になっていて、いろんな場面で主人公たちは現実を対峙していくのですが、ここいらで一曲、ゆっくり落ち着いて立ち止まって、ゆっくり周囲を見渡してみよう。そんな気持ちで1曲どうしても描いてみたくなったのでした。

2018年1月22日 (月)

新曲第5弾『夜間救命』を公開しました!

明けましておめでとうございます。
空けすぎましてすいません。
去年ちょっと頓挫してしまっていた新作アルバム『Miracle Night』からの新曲リリースを再開します。2018年最初にして、アルバム5曲目は『夜間救命』という曲です。アルバムのテーマである「夜の世界を生きる人」について構想を練っていた頃、一番最初に浮かんだテーマの曲ですが、完成したのは意外と最近の曲です。ストレートなラブソングでもないし、応援ソングでもないし、こういうのもう誰も聴きたくないのかな・・・という葛藤も多々ありましたが、今回はアルバム全体で表現したいテーマがあるので、その中の一ページ(一場面)として楽しんで頂けると幸せです。

曲の購入と視聴・歌詞の閲覧はbandcampのサイト内にて。
MVはこちら↓ 何卒~

2017年6月27日 (火)

新曲第4弾『Coyote』リリースしました。

このブログ、もはや新曲の公開報告としてしか機能しておりませんが(苦笑)、

1ヶ月ちょっとインターバルを頂きまして、今日、今年4曲目となりました新曲『Coyote』を発表しました。コヨーテは狼みたいな犬科の動物でして、まあ言ってみれば理想と現実の橋渡し的メタファーとして・・・あとは、曲聴いて好きに想像してくださいね。

この曲は間奏に重要な語り部分があり、大人の女性の声をどうしても入れたいと作詞の段階で強く思っていました。そして今回はゲストに、最近『レビューカンパニーサルメ』を復活させたばかりの座長の色羽紫さんをお招きしました。紫さんとは別のコンサートで競演させていただく機会があり、その時の存在感と声の素晴らしさにすっかり魅了されてしまいまして、「絶対やってもらおう」と密かに企て、晴れて去年末、某スタジオにお呼び立てして録音に至りました。まぁ予想通り「スパっとテイクワンでOK」のプロフェッショナルでした(僕とは大違いw)。

その時の模様
2

Photo

ゲストから素晴らしい素材を頂くと、自分も俄然力が入りますよね。
アレンジもいつになく気合入っております。

そしてアレンジで僕がやりたい放題やると、そのしわ寄せは、編集するサウンドエンジニアにいくわけですが、豪腕サウンドエンジニア:Motoki"Mike"Sagawa さんの編集がまた本当に良くて! こんな面倒くさい曲なのに僕もまさかの一発OKとなりました。モトキさんは素晴らしいバランス感覚でこちらの意図を嗅ぎ取ってくれるので、彼にミックスしてもらう時は、僕はあえてレファレンス音源とか希望とかイメージとかを、とにかくあるだけ全部送りつけます。そしたらだいたいちゃんと形になって送り返されてくるという夢のようなシステムになっております。今年モトキさんともこれで4曲目、「俺、掴まれてんなぁ~」って思うほど見事に仕上げていただきました。

素晴らしい才能たちに囲まれてホント幸せです。

毎度ながら曲の販売もいたしております。
(投げ銭形式ですので無料でダウンロードできます!)
みなさん是非『Coyote』を手元に置いてやってくださいね。

曲の販売はこちら

この後も引き続きお楽しみに!!

2017年4月 6日 (木)

新曲第3弾 『書斎』 をリリースしました!

4/5(水)に、新曲第3弾になる『書斎』をリリースしました。

今回の「書斎」はとても写実的な曲で、僕の得意とする分野の一つかもしれませんね(自分で言うw)。

今回は、アルバムテーマである「夜のしっとり感」と、写実的な表現につきまとう「ドライな質感」の両立が、言葉選びとサウンド選びの肝でした。ミックスしてくださったMotoki "Mike" Sagawaさんにも、その部分のオーダーを出させていただき、見事に僕の頭の中のイメージを創り上げていただきました。自信作ですよ!

PVのためのイラスト描きも随分慣れたのですが、慣れたら慣れたで「もっとこうしたい」「あんな事もしてみたい」と欲がどんどん出てきて、結局全然楽にはなりません。これが成長しているという事なのだと自分に言い聞かせてより深い表現を模索する日々です。

さてアルバム『Miracle Night』も次にリリース予定の『コヨーテ』が4曲目。いよいよ「奇跡の夜」も核心に向かって深まっていきます。この後も引き続きお楽しみに。

youtubeのPVを貼っておきます。



そして気に入ってくれた方はBandcamp の僕のサイトで曲の販売もしてます。
よろしくお願いします!

2017年3月 6日 (月)

新曲第2弾『Expert』リリースしました!

3/4(土)に、新曲第2弾になる『Expert』をリリースしました。
ミックスはこの後も全て、Motoki "Mike" Sagawaさんが担当してくれます。
モトキさんは、僕が作った歌詞やメロディ、アレンジから、客観的でしっかりしたビジョンを描いて仕上げてくれる素晴らしいサウンドエンジニアです。僕自身、自分の曲のどこをどう掘り下げてこられるが、毎回ドキドキしながら仕上がりをとても楽しみにしています。音という目に見えないものを通して、二人で会話していくようで、とてもエキサイティングな工程です。

PV用にイラストを描くのも大分慣れてきましたが、そうなるとそうなったで、「もっとこうしたい、ああしたい」と欲が出てきて大変です。まあ仕事の関係で一日遅れましたが、ほど予定通りにリリースまでたどり着けました。

「一月に一曲」と厳密に決めているワケではないのですが(他にも手がけている事があるので)、これくらいのペースでみなさんに毎月新曲を聴いてもらえたら、そして、今年2017年が終わる頃に、僕が企てているこの壮大な『Miracle Night』の世界の全貌をお見せできれば、と思って日々制作に没頭しています。来月以降も引き続き楽しみにしていてくださいね。

websiteの『Miracle Nihgt』のページもアップしましたが、youtubeのPVを貼っておきます。

そして気に入ってくれた方はBandcampの僕のサイトで曲の販売もしてます。
よろしくお願いします!

2017年2月28日 (火)

LA LA LAND

公開したての映画は混むので滅多に観にいきませんが、今日はタイミングがバッチリ合って観てきましたよ、グラミー受賞の話題作『LA LA LAND』。
これから観にいく人もいると思うのでネタバレは書きませんが、めちゃめちゃ良かったです。
エマ・ストーンもライアン・ゴスリンクも最高です!音楽も踊りも最高です(特にオープニングが凄いので遅刻しないほうが良いです)!!

でも、僕にとってはそれより何よりこのストーリー。
今の自分の心境とか、ここ2~3年の出会いや別れ、色々思い出して泣いた。

僕らは日々、人生の小さな選択をたくさんしながら生きている訳ですが、瞬間瞬間に一つずつしか選択できないので、それがベストなのかどうか、神の導いてくれた方なのか、それとも反抗して理想とは違う方なのか、自分が納得して決めたものなのか、何かに流されて選んでしまったものなのか・・・わからないですよね。どの道を進んでもそれなりに未来はあって、開けていくわけですが、それでもやっぱり「正解」ってあるのだろうか、自分はその道をちゃんと選べているのだろうか、でも結局分からないなら自分を信じて精一杯やるしかないよな・・・などと考えて胸がじんじんしてしまいました。

※あ、あとJohn Legendはやっぱ歌うまいです笑

2017年2月14日 (火)

website リニューアルしました

ご無沙汰しています。
オフィシャルサイトをリニューアルしました。

時代も変わり、SNS主体の時代になってきたので、僕の音楽活動も、みなさんを我が家に迎え入れるというよりは、それぞれの場所で発展・共有していけるように、ウェブサイトはすっきり身軽にしました。
今年リリースしていく予定に新作『Miracle Night ~奇跡の夜』の情報のみ、別ページを設けて随時更新していく予定です。更新した際は、twitterでも発信しますので、チェックしてくださいね。

歌詞が読みたい方はBandcampのサイトへ。
曲のご購入もBandcampサイトで(投げ銭形式ですので、無料でもダウンロードできます)
Youtubeも観やすいように色々整理しました。
今後とも古瀬智志をよろしくお願いいたします。


2/3にリリースしたばかりに新曲(上記アルバムの1曲目)はこちらです↓何卒~!!
『古瀬智志/夜の訪れ(Nightfall)』

2016年8月14日 (日)

昨日、無事43歳になりました。

たくさんのお祝いコメント本当にありがとうございました。

一年前、「25歳から42歳を目指して頑張ってきた」という話を書きましたが、その後の一年を振り返ると、とくに「財運爆発」というほどの大きな出来事はありませんでした(笑)。でもこれは僕が表立った活動(種まき)をほとんどしなかったからなので、当然のことです。ここ一年はこれまでの人生の総括と反省と修正を粛々とやっていました。色々解ったこと・誤解してたことが発見できたので、再び前に進み始めているところです。今年はまた新たな気持ちで音楽創作・発表も再開していく予定です。しばらく不精してて申し訳ありませんでしたが、準備が整い次第アナウンスさせていただきますので、今後ともどうぞミュージシャン:古瀬智志をよろしくお願いいたします。

2016年5月12日 (木)

久々に本領発揮なのです。

作曲をしてても、作詞をしてても、アレンジをしてても、ミックスをしてても、答えのない新しいものを作るわけですから、それが最終的な完成品なのか、まだ辿りつけていない未完成品なのか、というのは、常に自問の対象であるわけですが、僕の場合、個人的に明らかな基準が一つだけあって、「泣きそうになる」瞬間が来た時が、だいたい完成なんです。

自分の書いた歌詞やメロディに泣きそうになるって、すごいエゴイスティックだとは思いますが、自分がいま作っている、自分から何かを生み出しているという、自分と繋がった感覚の糸が、突然プツンと切れて、客観的になる瞬間というか、別人として感動できる瞬間が来たら、その曲は僕としては完成となります。それまで何度も何度も修正が続きます。しんどいやり方だけど、これが古瀬流、長年こうやって作ってきたからしんどくてもしゃあない。

今夜、デモ録音をしてから1ヶ月以上、どうにもこうにも思うように仕上がらずものすごく苦しんできた自分のための新曲で、やっと泣きそうになる瞬間が訪れました。この曲の行方によって、今後のやりかたを決めよう、くらいに覚悟して取り組んできてた曲なので、時期的な意味もあって結構キツかった。でもまたこの瞬間が来たことがとても嬉しい。泣きそうになった自分に泣きそうです。前に進みます。

«

フォト

twitter

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

古瀬智志情報