« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

レコーディングスタジオ下見

火曜日にレコーディングするスタジオの下見とピアノの試奏に行ってきました。
出ましたスタインウェイ!

Steinway

元々ジャズプレイヤーだというこだわりのありそうなオーナーさんのスタジオらしく、よくメンテされたタッチと、極力無駄な反響をなくした部屋の設定で、本当にピアノから発する音しか聞こえない感じ。うちの部屋のピアノがどんだけ音回ってるか、そしてピアノが本当はどういう音の楽器なのか、が良く分かりました。

今日はスタジオはたまたまお休みだったので留守番のスタッフと僕だけ。「ごゆっくりどうぞ」と言ってもらってスタジオ内へ。 緊張の「初手合わせ」 ・・なかなか手ごわいピアノです。すごく良いピアノだと思うんだけど、簡単なピアノではないです。雑なタッチで弾くとどんどん音が埋もれていきます。ピアノに「お前誰だよ」って品定めされているようでした。

30分ほどじっくり触らせてもらっているうちにだんだんコツが分かってきたけど、やぱり簡単なピアノではないです。ジャズのレコーディングスタジオなので、ポップス用にチューンアップされてないのだろうか。ちなみに今回の僕の曲はかなりjazzyな曲なのでピッタリですよ!ツイテル。 そして当日は、ここを紹介してくれたBeadroadsのワタル君がディレクションしに来てくれる事になりました!これで安心してプレイに集中できます。

帰宅してうちのP子を弾いてみたら、、

なんかもうエレピみたい。。
スタイウェイ欲しい~!!

2010年10月30日 (土)

一つずつやり遂げていきたい

昨日は天窓.comfortで弾き語りライブでした。お越しくださった皆さん、ありがとうございました。パワフルな男性ピアノマン4人のイベントということで、最初から最後までかなりガンガンでしたね。

僕はちょっとピアノを普段より抑え目にして(というより振り幅を大きくしてみたつもりなのですが)、その分しっかり歌を伝えるつもりで本番に望みました。ピアノ演奏ももちろん大切ですが、最近は「なんだかんだ言ってやっぱり結局歌だよな」って思ってます。

温かい会場の雰囲気もあっておかげさまで良いライブになりました。

11/29(金)『男のピアノ』@高田馬場天窓.comfort

setlist
1.アウフヘーベン
2.darkness
3.ジェニーの選択
4.wonderwall(oasis)
5.星空を見下ろした
6.esper

この一週間はすごくバタバタしてたけどこれで一瞬ひと段落・・と行きたい所なのですが、4日後に大事なレコーディングが入っているので、今日から3日間はそのための猛練習に突入です。バイト以外は缶詰状態で頑張ります。

そして来週末は!

神奈川県南林間にあるお店:娯楽酒家 La stanzaにて弾き語りイベント「子ピアノロックフェスティバル」を開催します。永遠のライバル:イツロモリとの弾き語り2マンです。普段から付き合いは長いけど、こうして2マンをする事は滅多にないことなので、今からとても楽しみです。東京からはちょっと遠いですが、もしお近くの方などいらっしゃいましたら、是非遊びにいらしてください。

詳細はこちら→ http://kosech.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-b3e2.html

2010年10月29日 (金)

今日は天窓.comfort 20:20~出演します!

昨日は渋谷で、音楽出版社の方と業界の大先輩との3人で、今秋の初鍋をご馳走になりながら、本当に有意義なお話をいろいろ伺うことができました。自分が今進もうとしている道に迷いがない事が再確認できたので、気持ちが少し楽な感じ。とはいえまたまたやる事増えて嬉しい悲鳴状態です。

今日は、とりあえず他の事は一端全部忘れてこのライブに集中。
一つずつ一つずつ。



◇タイトル:男のピアノ
◇日  時:10/29(金)18:30open/19:00start
◇チケット:1500円(+ドリンク代500円)
◇出演者(出演順):後藤一哉/出海圭太/古瀬智志/RYOMAGIC
イベントの詳細はこちら→ http://kosech.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/1029.html

2010年10月27日 (水)

まあこんなもんです

今日自分でも信じられない感じで、不思議に歌詞が完成しました。昨日の一言も出てこなかった一日が嘘のよう。朝バイトで洗い物の仕分け作業しながら頭の中で言葉探してたら、出だしにぴったりの言葉を発見。小休止のあいまに急いで携帯にメモって帰宅。その後は、よく分からない間にふんわりと出来上がる。試しに歌ってみると、結構グっときたので、多分この方向で良いということ。

いつも歌詞が出来上がる瞬間の記憶がほとんどない。気付くと、紙に気になる言葉が自分の字で並んでたり、録音しながらアドリブで歌ってたら偶然ジャストな言葉と出会ったり・・まあこうしてここまで数十曲を残すことができているのですから、まぐれとしても実力の内ってことにしておきましょう。

これで今後の計画がようやく立った。

明日は音楽出版社の方と打ち合わせがあるので、昼間のうちに色々練習。

そして金曜日はいよいよ天窓.comfortでのライブ『男のピアノ』です!

十分準備して望みますのでみなさん是非聴きにきてください。

コンコーネ

昨日のヴォイトレで

「大分喉が強くなってきたので、そろそろトレーニングと並行して曲を歌っていきましょう」と言われた。イエスッ。

コンコーネという(声楽のバイエルみたいな感じかな?)本を購入しました。ヴォイトレ4ヶ月目にしてついに次の一歩です。ここまでひたすら「A~」のスケール練習しかさせてもらえなかったので、とても嬉しいです。まあこのコンコーネも「A~」で歌うんですけどね。

家に帰って、金曜日の弾き語りの練習をしてから、作詞作業。本当は昨日中に仕上げて今日から練習に取り組むつもりだったのに、最初に書き上げた歌詞がどうもしっくりいかず、結局いちから書き直すことにした。11/2にスタジオでレコーディングがあるので、練習する時間もしっかりとっておかなければいけないのに、曲が完成しない。焦る。でも焦っても完成しない。結局昨日はのたうちまわったあげく一行も出ないまま疲れて寝てしまった。今日バイトが終わったら再びチャレンジ。

2010年10月25日 (月)

特訓

今日はバイト先がものすごく忙しくて、14時過ぎに帰ってきたらバタンと寝てしまった。夕方起きたら結構頭がすっきりしたので、今週末の天窓.comfortでのライブの練習。先週の銀座miiyacafeとはガラっとsetlistを変えてお送りするつもりので色々準備は多い。でも天窓.comfortはこの後も僕の弾き語り活動の拠点になっていくハコだし、そこでの活動復帰第一弾ライブなので、いままでとはちょっと違う意気込みでやりたいし、今回はなるべくたくさんの人に見て欲しい。

色々お世話になってきたお客さんやスタッフとの出会い、過去のライブのことなんかを思い出しながらsetlistを考えてみたら、なかなか面白い感じになった。バンドの曲あり、古い曲あり、ものすごく古い曲あり、カヴァーあり・・・結果的に一番売りたい弾き語りCD「serenade」の曲が1曲も入ってないんだけどね。

もちろんプロの活動を意識しているミュージシャンの一人として、CDとライブとのリンクがすごく大事なのです。今演奏した曲をそこで変えるってすごく大事だし、大事にしてきてるんだけど、こういう事にあまり囚われすぎると、心の声が聞こえなくなるというか、いま本当にやりたいことや伝えたいことが分からなくなってきてしまうのです。ミュージシャンも人間なので、どうしても歌いたい曲、どうしても今日は歌いたくない曲があります。今回は、すべて取り払って、純粋に今一番聴いてもらいたい曲をお届けするライブにしてみました。

「男のピアノ」は人気イベントです。共演者も凄腕ですし、天窓.comfortは値段もいつも良心的です。週末はみなさん是非、生のグランドピアノの音に触れにお立ち寄りください。

詳細はこちら↓

 11/27(金) 「男のピアノ」@高田馬場天窓.comfort

2010年10月24日 (日)

幸仔ライブ(サポートピアノ)@天窓.comfort

昨日のライブでの刺激が色々残っていたり、深夜テレビでたまたま見た矢野顕子のピアノにヒントを得たりで、今日のサポートは個人的にもかなり「やってやるぞ」モードでした。

ただ僕がサポートしている幸っちゃんの楽曲は、恐ろしくスローテンポだったり、艶っぽい音色重視、音数少なめ、pp~ffまでダイナミクスは全開、というかなり僕にとっては難易度の高いピアノ伴奏なので、毎回自分の弾き語りとは全く別モードになります。シックな色のシャツと黒ズボン髪の毛もピタっと決めてもうほとんど別人格。でもこれが結構楽しい!一種の変身願望みたいなもんかな。

今日は朝のバイトが休みだったので、がっつり準備もできました。本番は細かい部分でひやっとする部分はあいかわらずゼロではないけど、今日は自分でもかなり艶っぽいピアノがうまく弾けたようなきがします。

とはいえ僕はあくまでもサポート:裏方です。

主役の幸っちゃんのヴォーカルは、最初の頃とは見違えるほどダイナミックになってきていて、若い子の成長の早さを本当に目の前で思い知らされます。関係者じゃなかったら若い芽を今のうちに摘み取っておきたいくらいです。彼女の音楽は今流行りの売れ線音楽では決してありませんが将来有望株ですよ。

今日の.comfortは、タイバンのはせがわかおりさんの人気もあって満員でした。来週「男のピアノ」というイベントで僕もここで弾き語りライブをやるので、その時もたくさんお客さん来てくれたらいいのにな~と願いながら会場を後にしました。

明日から2~3日は、ワケあって新曲の作曲に没頭します。明日からまたバイトだし、良い仕事できたので今夜はゆっくり眠ろう。

2010年10月23日 (土)

船出しました!

昨日銀座miiya cafeのライブイベント「Tokyo 音泉 vol.5」にお越しくださった皆さん、ありがとうございました。おかげさまで無事銀座デビューすることができ、また心新たに弾き語り活動の再出発を迎える事ができました。

昨日はイベント主催者から「何かひとつサプライズを」という注文があったので、むかーしむかしに何度かライブで披露していた『ケイティ降臨』をやってみました。何度やってもめちゃめちゃ緊張します。でもこれをすると、ライブ後お客さんからケイティの話をされるんですよね。やっぱインパクトあるのだろうな。。でも一応再度封印します。昨日は貴重なライブだったということで。またそのうち忘れた頃にでも。

あと、wonderwallのカヴァーも初めて生でやりました。やっぱり有名曲だから、みんな喜んでくれたようで何よりでした。今朝you tube見たらアクセス急にupしてて超嬉すぃ~。500アクセスの第一目標が本当に目の前になりました。これからも応援よろしくお願いしますね。

共演者も素敵なミュージシャンばかりでした。お初だったFOMALHAUTの二人は、圧巻のピアノ連弾を聞かせてくれたし、何度かご一緒しているmimosa"の3人はいつもの如く素晴らしいライブクオリティでした。僕はmimosa"の奏君の隅々まで行き届いた繊細なピアノが本当に大好きなんです。今日はピアノ伴奏でサポートしている幸仔というシンガーのライブがこの後天窓.comfortであるので、奏君みたいな演奏目指して頑張ってみようと思います。

その他にも、久しぶりの方との再会あり、新たな出会いあり、本当に実り多い船出ライブとなりました。緊張したりで予定通りにいかなかった所もあったけど、ライブを思いっきりやりきると、翌日の気持ちの晴れやかさがちょっとだけ違います。世界に僕の音楽を必要としている人はまだまだ少ないですが、数や規模に関係なく、自分ができる表現をしっかりやりきって、まだ見ぬ人たちとの新たな出会いに常に備えがあるミュージシャンでいたいと思っています。

来週はいよいよmy sweet home:高田馬場天窓.comfortでのライブです!昨日とはsetlistもガラっと変えてお送りします。良かったらまたふらっと遊びにきてください。

10/22@銀座 miiya cafe

setlist

1.夜明け前

2.ホームシアター

3.ケイティ

4.wonderwall (oasis)

5.夜の闇と町の光と

6.さよならヴィルトオーゾ

↓こちらも引き続きよろしくお願いします

http://www.youtube.com/watch?v=-_ODzLq80Dk

2010年10月21日 (木)

新しい始まり

さて、いよいよ明日のライブから僕の弾き語り活動が本格的に再開する。

去年休止してから、単発でいくつかライブはしてきたがいよいよ本腰入れての船出だ。

昨日テレビでたまたま見た美空ひばりの歌ってる時の表情のアップを見て、なんだか全身に気合いが注入された気がします。これから目指す自分のスキルアップの話は、それはそれ。ステージに立つその瞬間は、これしかない!という集中力で表現しつくす事がこれからの新たな目標です。お客さんがっつり楽しませるぞ!

2010年10月18日 (月)

タイト

今日はピアノ伴奏でサポートをしている女性ヴォーカリストのリハーサルへ。実は明日がリハーサルだと勘違いしていて、今朝バイトにいく直前に気付いた。しかも新曲2曲の譜面起こしもまだしていない状態。

バイトが終わったら急いで帰ってきて、出発までの1時間で2曲を耳コピーして譜面にして練習して出発。やればできる子。リハーサルはうまくいったが、あと一回ですぐ本番。明日はじっくり練習。

自分のライブラッシュが日々近づいてくる。一つ一つのライブを大切にやりたいので、イベンターやハコの人と連絡をとりつつココまでやってきた。良い方向に向かってはいるが、何事も本気でやるのは大変なのだ。大変だから、楽しいしやりがいがあるのだと思う。

バイトと自分の練習は割ける時間がほぼ決まっているので、それ以外の時間にレコーディングしたり、製作したり、色々やっている毎日。大分タイトになってきた。ぼんやり考えて、なんとなくアイデア浮かんで・・・みたいなリズムではもう通用しなくなってきた。決まった時間でバシっと終わらせて次に進む。そういう生活がこの後は必要になりそう。頑張ろう。

とりあえず来週からツタヤでのDVDのレンタルはしばらくやめる。せっかく借りても見る時間がない。

金曜日のmiiya cafeのライブはきっと良い夜になりますよ。

お時間ある方は是非遊びにいらしてくださいね。詳細はブログトップからどうぞ。

2010年10月17日 (日)

Sul fiato

今、ヴォイトレでSul fiatoというのを教えてもらってます。

このスル・フィアートはイタリアオペラの中の言葉で「息に声をのせて歌う」という意味なのですが、これがすんごい難しいです。ようするに共鳴とか喉に頼ってパンと出る「作られた声」じゃなくて、話をするように、自然に、でもすごく感情を込めて歌うのです。これができるようになると表現力だけでなく、音程も自然に完璧になっていくというものなのですが、ここまで3ヶ月ほどかけてせっかく覚えてきたものを、また色々壊して積み直ししていく作業です。

まあ「次のステップに進めたのだ」と前向きにとらえて頑張ってますが、右を練習してできるようになったら今度は左、できるようになったらまた右にもどって・・・という感じでなかなかゴールが見えません。そもそも歌にゴールなんてないのでしょうが。

今日は自分の弾き語りレコーディングでこれをやってみようと一日チャレンジしてみましたが、結局煮詰まっただけで良いテイクにならないまま一日終わってしまいました。予想してたことだけど、でもこういう過程を避けていると、結局前に進むのが遅くなるだけなので、修行段階は僕はドMモードで頑張る派です。「犠牲日」とでも言いましょうか。

とはいえ、自分がこういう風にすれば歌いたいよう歌えるようになるのではないかという、青写真的なものは遠くにぼんやり見えているので(夢が目標になったくらいの違いですが)、一歩ずつ進んでいければいいです。千里の道も一歩から。

今週末から怒涛のライブラッシュです。自分の大きな目標も大切ですが、でも目の前のライブでお客さんにしっかり楽しんでいただく事が最優先ですから、その辺はしっかり切り替えて頑張ります。

金曜日は銀座miiya cafeです。銀座だからといってチケットが高額とかそういう事はありませんので、どうぞみなさん遊びにいらしてください。詳細はこのブログの一番上にある「古瀬智志ライブスケジュール」でご確認ください。

2010年10月16日 (土)

ラスクとカマンベールチーズ

ラスクとカマンベールチーズ

僕のささやかな贅沢なんて所詮こんなもんですから。

明日オフ日なので、今日バイト帰りにOKマートに寄ってカマンベールチーズを買い(特価品でなんと1個190円もちろん2個get)、近所のパン屋で菓子パンで作ったラスクを買い、100円ショップで炭酸水を買いました。

今日は昨日録画した海外ドラマ「クリミナル・マインド」3話と、レンタルしている「ホワイトハウス」2話を、これからチーズ食べながら見て寝ます。この一週間あちこち出かけて、色んな人に会って、色々なことを決めたので、週末くらいは一人でゆっくり過ごします。

今日中に片付けたかった作業が半分くらいしか出来なかったけど、まあ元々目標が高め設定だったのでこんなもんでしょう。

少し早いですが、そろそろまったり週末に突入します。

みなさん良い週末をお過ごしください。

2010年10月15日 (金)

チリの炭鉱事故

もうね、僕、極度の閉所恐怖症なので。こういう事故の話を聞いただけで、ほんと、呼吸が苦しくなってしまうんです。映画『ポセイドン・アドベンチャー』とか気失いそうになりながら見ました。

今回の事故が明らかになった時「救出はクリスマス頃になる」というのを読んで、ああ無理だ。俺には無理だ。もうこの事故絡みの記事は見ないようにしよう。そう思って、実際にここまで実行してきました頑張ってた人たち、薄情者でごめんなさい。。

でもみんな救出されて本当に良かったです。

発狂寸前の喜び方をしている人もいましたが、もし僕なら間違いなくあのパターンです。

11/6@南林間la stanza 詳細

Lastanza_fryer_5 

■イベント:「子ピアノロックフェスティバル」
■日  時:11/06 (土)
■場  所:南林間 娯楽酒家 La stanza
      大和市南林間 1-10-17 046-277-7322
      la_stanza@anythinq.net
■時  間:19:00開場/19:30開演
■料  金:2000円(1ドリンク付き、学生1500円)
■出  演:イツロモリ、古瀬智志

2年ぶりにあのイベントが帰ってくる!
2008年、コカリクー4d vs 古瀬智志ピアノロックトリオの2マンイベント「Piano Rock Festival@渋谷O-crest」のプレイベントとして行われたフロントマン同志の弾き語り2マンイベント「子ピアノロックフェスティバル」が、単独で復活!元コカリクー4d(現イツロモリファイヴ)のフロントマン:イツロモリと、ピアノロックトリオのフロントマン:古瀬智志による、夢の2マンイベント。会場の神奈川県南林間「娯楽酒家 La stanza」は、入り口で靴を脱いで上がる小さな「お座敷bar」。当日はたくさんの地元のお客さんや遠方から来られる方で超満員になること間違いなし!チケットの予約はお早めに!

【チケットの予約方法】

お店宛てに、メールか電話にてお名前と人数をお知らせください。

予定人数に達した時点で予約終了とさせていただきます。

【南林間 娯楽酒家 La stanza】

電話:046-277-7322

Email:la_stanza@anythinq.net

営業時間: 18:00〜24:00(L.O.)

定休日:日曜日

10/29(金)「男のピアノ」@高田馬場天窓.comfort 詳細

ピアノマンばかり4人を集めたイベントです。グランドピアノでの弾き語りライブです。
男性ヴォーカルならではのドラマティックな弾き語りが好きな方には、超オススメのラインナップです!
※古瀬はカヴァー曲を1曲やる予定です。

◇タイトル:「男のピアノ」
◇日  時:10/29(金)18:30open/19:00star
◇場  所:高田馬場天窓.comfort 
      〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-4-11 BaBa hatch 5F
                    03-5338-6241        http://www.otonami.com/      
◇チケット代:1500円(+ドリンク代500円)
◇出演者:
 古瀬智志
 後藤一哉 http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=lately_soul
 出海圭太  http://blog.goo.ne.jp/keit1978_september
 RYOMAGIC http://ryomagic.web.fc2.com/index.htm
 ※古瀬智志の出演は3番目で、20:20~予定

【チケットの予約方法】
下記テンプレートをメール本文に貼り付けてご利用ください。

あて先→  kosech@mvb.biglobe.ne.jp

日 時:10/29(金)

場 所:高田馬場天窓.comfort

氏 名:
枚 数:

10/22(金)「Tokyo 音泉 Vol.5」@銀座Miiya Cafe

【公演名】Across the universe presents
     Tokyo 音泉 Vol.5「秋の夜長に湧き出る音」

     「正しい音楽=人の心に伝わる音楽」を後世に遺すために・・・

          選りすぐりのアーティストによる真の音楽イベント第5回目!

※ 当日は4組によるセッションあり。必見!

【会 場】Miiya Cafe http://www.miiya-cafe.com
     東京都中央区銀座6-3-16泰明ビル4F
     電話&FAX 03-3571-5402
【日 時】2010年10月22日(金)
     18:40開場、19:00開演
【料 金】前売り 2,000円 当日 2,500円
     +1ドリンクオーダー

【出 演】

古瀬智志

mimosa    http://www.geocities.jp/sound_mimosa/mimosa_top.html

FOMALHAUT    http://fomalhaut1122.blog.shinobi.jp/

薫ル    http://www.geocities.jp/kaoru_hanayashiki/index.html

【お問合せ】Across the universe  03-6908-4617

★★★★★↓チケットの予約はこちらから★★★★★

【チケットの申込み方法】
メールにて下記の内容をご記入の上、件名を「10/22チケット予約」と記入いただき
info@a-universe.jp まで送信して下さい。当日ご入場に必要な予約番号をお送りします。
    (チケット代は当日のお支払いとなります)
    1.氏名
    2.年齢
    3.電話番号
    4.メールアドレス
    5.チケット枚数
    6.見たいアーティスト:古瀬智志

2010年10月14日 (木)

イツロモリ5のリハ

朋友ピアノマン:イツロモリ君のバンド「イツロモリ5」のワンマンライブが11/28(日)に吉祥寺スターパインズカフェで開かれる。今回僕はこのライブのオブザーバーを仰せ使いまして、今日はそのリハーサルを見学&ちょっかい出してまいりました。

人のバンドって、良い所も悪い所も自分のバンドの10倍くらい良く分かるものです。ここをこうすればもっと良くなる、とかここはこれくらいにしておいたほうがよい、とか。そういう意味でも今回、僕は凄く責任重大なポジションで立たされているわけですが結構すごいバンドになってきました!今回はベーシストにmildsのタケハナショウタ君を迎えての布陣。彼は非常に音楽を良く知ってる男なので、色々と話が早いというか、理解が深い。僕はやりやすい。

今はまだ1曲1曲を細かく詰めていってる段階だけど、この後、前後半の流れやら展開やらを考えて、コンサート全体をプロデュースしていくことになります。素材が面白いのでどう転んでもそこそこのライブにはなるとは思いますが、彼らが今回「今を変える」覚悟で望んでいる以上、僕もありったけのアイデアと愛情で、ビシバシしばき鍛え上げて、お客さんの記憶に残るステージ作りの一助となりたいと思っています。当日、多分僕はスタッフパスを首から提げて客席の一番後ろから彼らをじっと見ていることでしょう。良かったら是非観にいってあげてくださいね。

イツロモリ official websaite→  http://itsulo.com/

2010年10月12日 (火)

風邪はだいたい治った

風邪はだいたい治ったみたい。昨日全休だったので久しぶりに昼過ぎまでゆっくりぐっすり寝た。近所のガストでノートに色々メモしながら今後の作戦を色々と考えていたらちょっとやる気が出てしまって、その後部屋に戻って歌入れをしてみたら、結構良い感じで歌えた。ここ4~5ほどは風邪で調子が悪くあまり声を出さないようにしてたので、またヘタクソになってるかなって思ってたけど、良い休養になったみたいだ。

今週中に4曲しあげられそう。

そして今月中には10曲ほど。

そしたら弾き語りの音源をまとめてupしますので、どうどお楽しみに。ライブがたくさんあるので、そこでもお知らせできればと思っております。

それまではしばらくこちらをお楽しみください。

『wonderwall/oasis』古瀬智志ピアノ弾き語りカヴァー

※5日間で200アクセス超えました!

みんなありがとう!

でも目標は100000アクセスです。

引き続き応援よろしく!

→ http://www.youtube.com/watch?v=-_ODzLq80Dk

皐月歌劇『黒蜥蜴』2

せっかく遠路はるばる観にいったので、自分だけの思い出にしておこうかとも思ったのだが、昨日告知してしまったのでちょっとだけ書いておこう。

昨日、群馬桐生で行われた皐月歌劇『黒蜥蜴』。有鄰館という元「味噌・醤油蔵」を借り切っての芝居+ライブの総合舞台演出。準備大変だっただろうなあと思いながら満喫したが、彼女は地元の人たちの絶大なサポートを受けて成功させた。本当に素晴らしいスタッフをよく集めたと思う。こういう最初の土台作りがどれだけ大変か僕はよく知っているので、もうそれだけで胸いっぱい。

舞台は一歩足を踏み入れるとそこはもう現代ではないまさに江戸川乱歩の世界。照明は上から吊り下げられた大きな4つの灯りといくつかの最小限のライトのみ。むき出しのコンクリートの地面に無造作に(本当はそうではないけど)置かれたグランドピアノ、舞台全体を丸く囲む演奏者たち。一種の歴史の「冷たさ」さえ感じさせる凛とした空間。お客さんはざっと200人くらいいたかな、会場は僕が到着した時点ですでに大盛況で、次々とやってくる客と、それに準じて並べられる追加の椅子とのいたちごっこ状態でした。

照明が落ちて役者と皐月ちゃんが登場(ミュージシャンはすでにスタンバイしていた)。いきなり『女の子は、ルーラ』の歌から始まった。よく知ってる曲なのに今日はなんか黒蜥蜴な感じ。ステージはメインの語り手の話をメインに、俳優さんたちの芝居と、皐月ちゃんバンドのライブが交互に演じられるという構成。会場の雰囲気もあって俳優さんたちが演じている時はものすごいシリアスな空気になるのだが、皐月ちゃんの歌が始まるとそこに現代の風がスーっと舞い込む。そして今そこで演じられている遠い別世界の舞台の話が、今を生きている僕ら観客の今の心情に重なっていく。時々出てくるアコーディオンの女性vocalと、ギターの男性vocalが参加しての3声のハモリがすごくグっとくる→古瀬智志ピアノロックトリオばり。

クライマックスで蔵の裏扉がガーっと開くと、その先にまばゆいばかりの照明と無数の「しゃぼん玉」。おもわず客席から歓声やらため息やら、すばらしい演出。最後は皐月ちゃんがその光にむかって歌う童謡『しゃぼん玉』で終演。

そのあと2曲ライブがあったけど、『黒蜥蜴』はここまで、かな。

「なぜ皐月ちゃんは『黒蜥蜴』をモチーフに選んだんだろうなあ」とか考えたりしながら、帰宅する電車の中から彼女に成功おめでとうのメール。

彼女は故郷では数年ぶりのライブだったらしい。僕はまだ大阪で一度もライブをした事がない。故郷のことをまったく思ってないわけではないが、はっきりいって彼女が桐生を大切に思うほどではない。自分にとっては生まれ育った大阪よりももうすでに東京の方が大切なのだ。東京が僕の故郷なのだと改めて感じる。もし今後、他の都市や他の国で暮らす事になったとしても、今暮らしているこの東京になら、また戻ってきて歌ってみたいと思うだろうし、今いる仲間やお客さんにも、みんなが知らない未来の自分を見てもらいたいと思うかもしれない。

※シンガー:皐月に興味のある人は「皐月」「コラーゲン」の2単語でググれば出てきます。

2010年10月11日 (月)

皐月歌劇『黒蜥蜴』

バイトの後、桐生まで行って参りました。

すごく楽しい旅になったけど、さすがにちょっと疲れたな。片道3時間もかかるんだもの。どっからどういってもアクセスがそこそこなのよね(笑)

黒蜥蜴についてはまた明日ゆっくり書きます。

明日実は仕事お休みなのです。ゆっくり寝て風邪を完全退致します。

2010年10月 9日 (土)

夢オチ

ここ3日ほど風邪気味で夕方に疲れて寝てしまってます。

今日は怖い夢を見ました。夢の中で目覚めたら自分の部屋がちょっとずつ違うのです。カーテンの色、テレビの大きさ、隣の部屋(実際はない/笑)の窓があいていて、閉めるとその窓ガラスが血まみれなんです。怖くなってテレビをつけるとニュースで「殺人事件です」と言っていて僕の家が映っています。で、どうやってこの「他人」の家から形跡なく抜け出そうかと考え巡らしているうちに疲れて本当に目が覚めました。

体に良くない夢は昔からしょっちゅう見ます。そのうちライブで僕の爆笑夢MCでもするかな。明日は仕事の後、音楽仲間皐月ちゃんの歌劇を見に、群馬桐生まで遠征する予定なので、雨音を聞きながら今日は少し早めに寝ます。

みなさん、風邪引かないように気をつけてくださいね。

2010年10月 7日 (木)

『wonderwall/oasis』のカヴァー映像

映画『Beck』の流れに乗っかって、オアシスのカヴァー映像作っていただきました!

↓『wonderwall/oasis』カヴァー

http://www.youtube.com/watch?v=-_ODzLq80Dk

超有名曲なので、ライバルも多いですが、たくさんの人に聴いてもらえますように。

みなさん、是非可愛がってやって下さい。

2010年10月 5日 (火)

自分らしさ

ルーファス・ウェインライトというミュージシャンのピアノ弾き語りライブを観にいった。あまりの素晴らしさに茫然自失の中で色々と思い巡らしながら電車に乗り、今帰宅してこれを書いている。

http://www.rufuswainwright.com/

実はこのライブ:最近お客さんになってくださった女性に「絶対観に行った方が良い」と薦められてダブったチケットを無料で譲っていただいたんです(8500円!)。正直予習もほとんどしてなかったのだけど、もうステージに姿を現した瞬間の彼のオーラというか存在感がものすごくてね。クラシカルなピアノをガッツリ弾くタイプの人で、曲もオペラ調のものから、ヒット映画のサントラから、3分ポップスまで。でも何が一番凄いってそのヴォーカルです。途中休憩でトイレに行ったとき、後ろを歩いていた二人連れの客が苦笑いしながら「なんだよ、あのヴォーカル」って言い合ってました。本当にそんな感じです。凄すぎです。迷いゼロ。そして、先日見た映画『シングルマン』の監督であり、僕が最も尊敬する男:トム・フォードの事を考えながら、彼の表現する自分らしさと重ね合わせて、後半のライブを楽しみました。

自分らしく

今さら当たり前と言われるかも知れませんが自分らしさってすごく大事ですね。普通にあっさりできる人もいるのでしょうが、僕にはとても難しいです。まだまだ出来ていないのだとこの一週間の大きな二つの出会いが改めて教えてくれました。こうしたいのだ、俺はこうしたいのだ!という感情の前に、でもこうあるべきだ、こうであったほうがきれいに収まるはずだ、という気持ちの障害が僕の中には多すぎる。嫌われないように、当たり障りのない所で、ソツなく勝負なんかしてたら、一流になんか絶対になれないのだと、二人が僕を指差して笑っているようです。変わらなきゃ。本当に変わらなきゃ。とりあえず弾き語りライブのラッシュが始まるまでにあと2週間あるし。2週間本気でやればきっと何か少しぐらい変われるだろう。絶対本当の自分らしさで勝負できるミュージシャンに変身してやるのだ。そこから僕の新たなライブ活動にしていかなければ、またただの繰り返しになるだけだ。

2010年10月 4日 (月)

寝声

仕事から帰ってきて、疲れてうっかり寝てしまいました。

今日は弾き語り音源の歌を録る予定でしたが、ガッツリ寝てしまったのでもう完全に寝起きのガラガラ声。次回あきらめてまた。

昨日の朝、車に轢かれかけました。

本当にもうちょっとで今頃病院かあの世という所。

一瞬世界が止まって見えました。

今できる事をしっかりやらなくてはと思いました。

ライブも、人間関係も、それ以外の事も、

いつこの命がなくなっても悔いが残らないように。

2010年10月 2日 (土)

バッチリ!

今日のレコーディングはうまくいきました。日々の進歩は本当に少しずつなのですが、ようやく目に見えるくらい、聴いて分かるくらい、僕のヴォーカルは変わって来てるみたいです。一念発起でヴォイトレに通う事にして、本当に良かったです。この調子でこれからももっともっと頑張ろう。

今日の歌録りでレコーディングはひと段落。

いよいよ10月に入ってライブが立て続けになるのでしっかり意識をそっちに向けていこうと思います。まず始まりは22日の銀座miiya cafeから。来週このイベントの打ち合わせがあるので分かったら詳細書きますね。

そして翌週29日の天窓.comfortのライブも必見ですよ。以前から古瀬智志の弾き語りライブといえば「ホーム」はココです。でもこの10月のライブからは「定期ライブ」のような雰囲気ではやらないようにしていくつもりです。すぐに慣れて日常になってしまうから。春までにお客さん増やして弾き語りワンマンライブをここでしようと思ってます。もう少し見込みが出てからじゃないと具体的には進められないので、とにかく1回1回のライブが最後の真剣勝負のつもりで全力投球しますので、いつでもどのライブでも、時間があったら是非遊びに来てくださいね。詳細はここで随時お知らせしていきますので。

2010年10月 1日 (金)

準備万端!

明日のヴォーカルレコーディングに向けて今日は最高の準備ができた。とはいえ、まあ歌って究極の生モノだから、だいたい準備通り、思い通りにはいかないんだけど。とりあえずここまでやれることはやったから、あとは明日本番を楽しみたいと思います。

運よく明日は朝のバイトも休みなので、早起きして、散歩して、お参りして、声出しして、そして本番を迎えます。僕は普段は自宅でほとんど歌の録音してしまいますが、明日は渋谷の某レコーディングスタジオでエンジニアさんに録ってもらいます。スタジオまで行ってしまえば、後はおんぶに抱っこでいいのです。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

フォト

twitter

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

古瀬智志情報