« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月29日 (月)

約束

一昨日、ピアノでサポートしている幸仔ちゃんの2マンライブ。今回は自分で弾き語りでやりたいということで、ピアノのレッスンやら、ライブのためのディレクションなんかをさせていただいた。若い彼女は本番前日のレッスン時にもうかなりナーバスになっていて、この子死んでしまうんじゃないかと心配しましたが、まあそういう経験を乗り越えて迎えるライブ本番の感触こそが、ミュージシャンとして生きている証だったりもします。それを最後までやり遂げた彼女は偉い。偉くはないか。当然か。だってプロでやっていこうというミュージシャンですからね。歌もピアノも本当に素敵なライブでした。

昨日、朋友:イツロモリ君のバンド:イツロモリファイヴのワンマンライブ。企画段階から色々相談にのったり、リハーサルに顔を出したりもしていたので、自分にとってももう放ってはおけないライブでした。ライブの感想をここに長々とは書きませんが、モリ君は、どこを切ってもどこまでいってもモリ君そのもので、それをお客さんが愛おしいと思う空気が会場を包み込んでいました。愛されるという才能の持ち主です、彼は。

この2日間、音楽仲間のライブに携わった事も関係して個人的に思う事がたくさんあった。未来について最終的には必ずそうなると自分で分かりきっている事でも、段階を踏まないと認められない入り込めない領域というものが誰にでもあると思うのです。

今日、僕は仕事を終えて自分の部屋に戻り、コーヒーを飲みながらゆっくりと、そしてじっくりとよく考えて、穏やかな気持ちで自分自身とある約束をしました。

2010年11月28日 (日)

古瀬智志の新作音源リリース!配信サイト『bandcamp』にて。

bandcampにて、
弾き語り音源を4曲新たにリリースしました。
昨日・一昨日とsoundhuman斉田氏にmixをしていただいて仕上げました。

この作業の間もライブがあったり、友達のサポートがあったりで、さすがに昨日はバタっといってしまいましたが、この後は12/11.12の今年最後のライブに向けて今年最後の弾き込み&歌い込みをしてみようと思っているので、今日頑張って一気に全部終わらせてみました。眠い~。

ジャケットも1曲ずつ作ってみました。なかなか格好良いでしょ?

(ちなみに右下二つは既にリリースしている「Eagle」と「Serenade(3曲入り)」のジャケットです。

6titles

「I love you, stefany」 歌詞
そうです、あのステファニーのピアノ弾き語りヴァージョンです!9月の『pf vol.2』で初披露して以来、今では弾き語りライブの定番になりつつあります。この曲やるとやっぱ一番反応良いんですよね。

「Esper」 歌詞
弾き語り用に昔作った曲を最近起こしてライブでもやっています。周りから見たら羨ましいと思う事も、自分の中では苦しみだったりする、という内容の歌です。古瀬版「魔女の宅急便」ですね(笑)

「Last supper」 歌詞
7~8年ほど前に紛争がらみのひどい動画を偶然見て具合が悪くなってしまった事があるのですが、その時に若い人たちが殺したり殺されたりする事について、僕なりに一生懸命考えて作った曲です。誰も悪者にしたくなくて苦労したのを覚えています。

「追伸」 歌詞
年末にリリース予定しているピアノロックトリオの新作「追伸」の弾き語りヴァージョンを先行リリース。先走りって噂もありますが(笑)、最近は弾き語りライブでもよく演奏しているので、このヴァージョンも気に入っています。バンドヴァージョンを聴いた事がまだない人は、この曲がピアノロックトリオの3人の手にかかるとどうなるのか・・年末をどうぞお楽しみに。

無料で簡単に視聴できるので是非聴いてみてね。
そして良かったら購ってね。

http://kosesatoshi.bandcamp.com/

2010年11月25日 (木)

天窓ライブ終了!

昨日は天窓.comfortでの弾き語りライブでした。お越しくださったみなさん本当にありがとうございました。昨日は先週ヴォイトレで教えていただいた「表現力up」「歌の表情up」を狙ってのヴォーカルにチャレンジしてみました。手応えを感じた部分と、返り討ちにあってしまった部分と両方あって、すべてが思い通りにいったわけでは決してないのですが、それでも大きくスキルアップできる予感みたいなものは自分の中で感じる事ができたのでチャレンジしてみて良かったです。みなさんに少しでも響くものがあったなら嬉しいのですが。僕としては昨日の感覚を是非次に活かしていきたいです。個人的には「I love you, stefany」は割とよく歌えたかな。

今年のライブ活動もいよいよ残すところあと2本になりました。
弾き語りのラストライブは、
12/11(土)の男のピアノスペシャル。

ピアノロックトリオのラストライブは、
翌日12/12(日)のsoundhuman主催イベント「Acoustic de It's China」

どちらも一年の最後をしめくくるにふさわしい、日頃からの付き合いの深い仲間たちとの大切なライブです。連日なので両方は難しいかも知れませんが、どちらでもお好きな方で構いませんので、年末のお忙しい中ですが、是非時間を作って遊びにいらしてください。

2010年11月23日 (火)

勇気を持たなくては

ここ一週間なんだか調子がおかしい。

原因はもうだいたい分かっている。

自分で色々おっ始めて
心新たに動き出して
その結果が色々出てきて
受け入れるべき事が新たに現れて

「そして結局どうするのか」

って段階に多分来ているのだ。

やるのか?
本当にやるのか?
やる気あんのか?


「お前やる気なんのか?」

ってもう一人の自分がもうずっと問いかけて来ている。


もちろんやる気はありますとも。
即答ですとも。
でも、質問されてすぐ「はい」と言えるかとかそういう表層的なレベルの話じゃなくて、もっともっと掘り下げていった深い気持ちの部分で、ほんのちょっと迷いが実はあるのだろうか。多分試されているのだと思う。

今までと違う生き方を今から始める勇気が本当にあるのか。
勇気を持たなくては。

きっとこれから新たな「さよなら」と新たな「こんにちは」が、いくつも訪れる事になるのだと思う。それを受け止める勇気を持たなくては。

2010年11月20日 (土)

『Last Supper/Kose Satoshi』    

Last Supper    作詞/作曲 古瀬智志

隣の席に集う家族の笑い声が
食事の時間を告げる、テーブルに灯がともる
僕らも向き合いながらメニューをひらりめくる
君はもう理解してる、これが最後の夕食だと
僕らは話し合った、だからもう嘘はいらない

僕の行く先に何が起ころうとも、君は
送り出した事をどうか悔いたりはしないでほしい
だけどそう言えないで寸前で飲み込んだ

「冷えたワインが少し飲みたいんだ」

カイルが僕に告げる。「明日は雨が降る」と
アドリアーノには言わない、英雄気取りだから。
僕らが明日を変える、今さら嘘はつけない

いまここで全て捨て去ってしまえば、僕は
別の人に生まれ変わって君にまた出会えるように
何か溢れそうで君の目覗いた

「いつもみたいにあなたの好きにして」

未知なる火が僕の中で強大に膨れて軋む
何も叶えられぬまま終わりになど出来ない、そうさ
君を送り届けた後で僕は部屋に戻り、そっと
別の人に生まれ変わって全て壊すのさ
全て、全て

『Esper/Kose Satoshi』

Esper    作詞/作曲 古瀬智志

Esper
君はそう言って僕の手を握り目を閉じた
その途端この体に君の全てが流れ込んだ

過ぎた日々やつのる思いに埋もれてしまわないように
差し伸べても手は伸ばさない
決して剥がれない鎧をまとって

月もない暗い夜道は風の音さえ振り払った
心を研ぎ澄ましても見えるものもまた闇のようだ

いま君が望まぬままにそうして手に入れたものを
誰もがきっと欲しがるだろう
そして手にした途端に
足りない、

それでも足りないのさ

もしも君が僕の全てをもうすでに知っていても
遠ざけたり、諦めたり、決して弁解したりはしないさ

Esper
その力をもう恐れることはないさ
伝えたい時は言うよ、これからも僕のやり方で

『I Love You, Stefany/Kose Satoshi』

I Love You, Stefany                              
作詞/作曲 古瀬智志

やがて朝になってこの流れは変わる
痛みも消えるだろう
機械仕掛けになったボロボロの体が
かすかな希望を持って叫び始める

必ず元通り取り戻してみせる
こぼれ出した現実も
何もなくさぬように夢中ですくい上げる
一粒の雫がまた次を作る

I Love You, Stefany
いかなる闇も君の光を奪えない
君の事を思ってる
何があっても独りになどしないから
Stefany
全ての事が片付いたらすぐ戻るよ
そしたらまた二人で穏やかに暮らし始めよう

飴色に染まった空と町が溶けて
世界は一つになった
壁越しにへたり込んでただじっと見ていた
情景が変わるのを、いや変わらないのを

I Love You, Stefany
目を閉じれば君の微笑む顔が見える
その光にまた触れたい
そのために僕は今日も切り抜けたい
Stefany
沈む体を揺り起こして
答えはまだ出てはいない
さあもう一度だけ目を覚ますんだ

『追伸/Kose Satoshi』

追 伸    作詞/作曲 古瀬智志

昨日待ってた電話も
切り出すつもりだった別れも
一度決めた気持ちも
朝になって萎えてしまった

焼けたばかりのトーストに
染み込んでゆくバターみたいだ
いつの間にかなくなって
あとに香りだけが残った

「いつもの裏通りの
 窓辺の席でお会いしましょう。
 もし都合が悪いなら
 どうかそのまま気になさらずに。」

友達には言われてる
二人を愛したりはできない
お前はただ愛されたい、二人に
それこそが本音なんだと

昨日のその前のどこかの始まりさ

木漏れ日誘う午後は
誰もいない静かな部屋から
僕の今日の行方をそっと
眺めてたい

ふと窓から見下ろした
路地へと続く曲がり角から
昨日と同じ少年が
じっとこっちを見上げてた

2010年11月19日 (金)

今日はOK

昨日散々苦しんだおかげで(ブログを書いた後も往生際悪くあがいておりました)、今日で4曲分の歌録りが無事終了しました。少し時間を置いて確認しないと、客観的に聴けないのでまだ本当の意味でOKかどうかは分かりませんが、今できる事、今回やりたかった事は、だいたい達成できました!

今回の歌録りは、ヴォイトレに通うようになったということもあって、自分の歌のどこが問題なのかを徹底的に探りながらやれたので、苦しかったけど、今後にすごく活きるレコーディングになりました。

レコーディングの時、ヘッドフォンで音を聴きながら歌うのですが、普段鼻歌を歌う時と違い、マイクの前の音が大きくなってヘッドフォンから聞こえてくるわけです。そうすると、たとえばちょとした唇が触れる音とか、舌打ちの音とかも、バンバン聞こえるワケで、僕はこういう音を出さないように神経質になりすぎていた結果、表現が小さくなってしまっていたようです。歌で何をしたいのか・・・本末転倒でしたね。今日はそれに気が付いたので解放された気分で思いっきり歌いきる事ができました。

ミックス次第ですが、多分年内には4曲をbandcampにてリリースする事ができると思います。

http://kosesatoshi.bandcamp.com/

今回録音した曲目は、

「I love you, stefany」

「追伸」

「Last Supper」

「Esper」

の4曲です。「どんな曲かな~」「あんな感じかな~」って今のうちに色々妄想しててください。

これで大きくひと段落。次に進もう!

ということで、来週水曜日はお馴染み天窓.comfortで弾き語りライブです

場所はお馴染みですが、ライブは毎回新鮮な気持ちで挑ませていただいてます。

ライブは今すごく調子が良いので、お友達でも誘って是非気軽に遊びに来てくださいね。

■日時:11/24(水) 18:30op/19:00st
■タイトル:comfort presents「Precious!」
■チケット:¥1,500(ド別)
■出演:

古瀬智志
Qoonie  http://blog.goo.ne.jp/qoo92
サクタマサヤ  http://web.sakutamasaya.com/
kanae(a pool par) http://ameblo.jp/kanakey/

※古瀬智志の出演は3番目で20:20~の予定

2010年11月18日 (木)

なんだか

昨日・今日と、午後は自宅で弾き語り音源の歌録りをしているのだが、どうもうまくいかない。

声はよく出るのに、気持ちが声に乗らないというか、表現できてないというか。

こんなもんじゃない、こんなはずじゃない、って気持ちが強すぎるのか。

それとも、そもそも俺ってこんなもんなのか。。

2010年11月16日 (火)

湘南DAY part3(ラスト)

湘南DAY part3

クリスマスツリー点灯式が終わり、とんぼ返りのシオダ君とお別れした後、僕と斉田さんは、湘南FMのDガラさんに夕飯のお誘いを頂いてましたので、そのままFMスタジオのそばの焼き鳥屋さんへ。楽器がでかすぎて店に入らず、スタジオの置いてから再びお店へ。DJの原田朋美さんと、茅ヶ崎環境協会の新谷さんも合流。5人で乾杯。神奈川県でのプロモーションのやり方やヒント、現状など貴重で大変参考になるお話を、美味しい串焼きを食べながらたくさん教えていただきました。特に豚バラの串焼きが抜群に美味しかったなー。今度湘南に行ったらまた食べるぞ。

原田さんと新谷さんとお別れしたあと、ガラさんに連れられて、ガラさんの知り合いが経営しているライブハウスpipelineに顔を出す。音楽好きの人たちが気軽にライブしたり、セッションできるお店だが、店長さんが所持している楽器(特にギター)がたくさんディスプレイしてあって、ここは楽器屋?ライブハウス?バー?どれなんだろう、って感じ。1000円払って、好きなドリンクを取るセルフサービスも平塚だからできる芸当か。僕らが到着したら地元の3人組ユニットが演奏していました。癒されるアコースティックなサウンド。彼らのライブが終わると、ガラさんがさっそうをステージに立ち、音楽と平塚への情熱を語り出し、その流れから僕が即席で弾き語りライブをする事になった。もうお酒をガッツリ飲んだ後だったのでちょっと自信がなかったんだけど、いざ歌い始めていると今日一の出来栄えでした。「ホームシアター」「ニューヨークへの想い(Billy Joel)」「eagle」と3曲も調子に乗って歌ってしまいました。地元の人たちとの交流も出来て本当に楽しかった!このホームページも見つけてもらえてたら嬉しいなー。

Photo_10

ライブハウスを出ると湘南FMのスタジオのあるビルはもう閉鎖されていて、裏口から警備員にあけてもらって楽器を持ってJRに。湘南新宿ライナーがあるので、ここから池袋まで一本で変えれるのが本当にありがたい。電車の中で斉田さんと今日の反省や、今後の事や、バンドの事など、色々ゆっくり話ができた。斉田さん、一日付き合ってくれてありがとう、本当にお疲れ様でした!

来年はローカル巡りするぞー。
長くなりましたが、全部読んでくれたみなさんありがとうございました。

家に帰ると腕が逆に曲がりそうになってましたが、でも充実した気持ちの中、泥のように眠ったのでした。

終わり

湘南DAY part2

ライブが終わって次に出演のアクアマリンさんのステージを見させていただきながら、物販をしたり、スタッフの方とこの後の打ち合わせやご挨拶など。最後までゆっくりは見られず、斉田さんに楽器と物販を任せて、一人でFM湘南ナパサのスタジオへ向かう。

番組『ラジオは友だちOh!ナパサ』に出演。DJはガラさんと原田朋美さん。番組の途中、この夕方行われるクリスマスツリー点灯式に出席のために湘南に向かっているシオダマサユキ君と電話がつながって会話。それも放送されました。

↓手元に写真がないのでラジオの模様はこちらで。僕の写真も載せていただきました。
http://ameblo.jp/radio783/

ラジオの後、また急いでOSC湘南に戻り、クリスマスツリー点灯式のリハーサルに向かう。会場に着くとシオダマサユキ君がすでにリハーサルをしていた。飛び込んでそのまま二人のジョイント曲をリハーサル。10分ほど休んですぐに本番。サンタクロースに扮したシオダ君のライブにトナカイの僕がゲストで出演するという内容。

Photo_8

Photo_9

クリスマスツリーの点灯前には、お客さんにクラッカーが配られ、シオダ君が『silent night』をアカペラで歌い厳かな雰囲気に。カウントダウンと共に無事点灯し鮮やかな夜のイルミネーションに彩られた中、僕がステージに呼び込まれ、シオダマサユキ&古瀬智志のクリスマスジョイントライブが始まりました。『lady madonna』『クリスマス・イブ』を演奏しました。とても良いステージになりました!シオダ君は前日東京でワンマンライブを終えたばかりにも関わらずいつも通りのエネルギッシュなステージで、さすがです。お疲れ様でした。

本日の予定は一応これで終了。なんとか無事終わった~

・・でも平塚の濃密な夜は実はここからまだ続きがあるのでした。

~続く~

2010年11月14日 (日)

湘南DAY part1

11/13、今日は一日湘南で音楽活動をする日。前日に緩衝シートでぐるぐる巻きにしたmyエレピを厳重にカートに縛り付けて8:00出発。いつもの荷物とは比べ物にならない重さだったけど、うまく梱包できたので転ぶことも、倒す事もなく、無事に新江古田駅に到着。都営大江戸線で大門→都営浅草線で横浜→JRで平塚のコース。これが一番安かった。横浜駅での乗り換えが4分もあったけどギリギリだった。まあ歩くスピードがいつもの半分くらいだから仕方ないか。電車はどれも日曜の朝で空いていたけど、エレピを横に置いて座らなければならないので端っこの席じゃないと座れない。でも端っこの席は競争率が高く、パっと空いても、エレピを運んでいるうちに次の客に席を取られる、、という繰り返しで、結局1時間半立ちっぱなし。これが一番しんどかった。

平塚に無事到着すると、改札前で今日一日同行してくれる事になっていたsoundhuman斉田氏と合流。少し時間が早かったので、駅前のマックでコーヒー飲みながら今日の作戦タイム。現場に向かう途中、車椅子で動けなくなってる人に押してほしいと頼まれる。聞くと僕らと同じくショッピングモール「OSC湘南」のフリーマーケットに向かう途中だというので、現地まで斉田さんが車椅子を押してあげた。ボランティア始まりの湘南Day、きっと良い一日になるという予感。

OSCに着いたら、常設のステージで音響のセッティング中だった。エレピの準備だけして、二人で建物2階にある楽屋に荷物を置きに行く。本日ご一緒するシンガーのmiraiさんが来ていて、ご挨拶。その後アクアマリンの二人も来て、ご挨拶。二組とも地元のミュージシャンという事で、イベントの詳細とか流れを色々教えてもらえたので、その後の予想が立てやすかった。何よりどちらもすごく良い人たち。アクアマリンのミマスさんはFM湘南のラジオ枠を持っているというので、今度是非出演させてほしいと交渉。いつでもどうぞと言ってもらえた。やったー。

Photo_11

アクアマリンのお二人と、楽屋にて

12:15 今日の初仕事。OSC湘南敷地ないにあるラジオブースにて、今日のフリーライブの出演予告を含めて15分ほどのショット出演。番組は「花園直道の夢舞ワンダーランド 」DJは花園直道&あずみさん。「I love you, stefany」と「さよならヴィルトオーゾ」を流してもらった。

Osc_3

フリーマーケットの賑わい。凄い人!!

Photo_7

サテライトラジオ出演

楽屋に戻ったら主催者から美味しそうなお弁当が用意してあった。斉田さんと「今のうち」とすぐ食べて、フリーライブ会場へ。フリーライブより、ぶっちゃけその隣でやってるフリーマーケットの迫力(人数とか盛り上がりとか)に圧倒されてしまいましたが、多くの方に足を止めていただいたり、ゆっくり楽しんでもらえたりしました。

1.夜明け前
2.ホームシアター
3.parallel lovers
4.darkness
5.夜の闇と町の光と
6.I love you, stefany

Photo

ステージ横から(写真:斉田さんの携帯)

ちょっとお客さんを掴みきれなかったかな。でもまあベストを尽くして最後までしっかり歌いました。CDは3枚売れました。この次は30枚くらい売れるようにもっと良いライブを準備してくるぞ。

~続く~

2010年11月12日 (金)

シオダマサユキ

今朝、今のバイト先でついに寝坊&遅刻してしまいました。。最近ギリギリだったので、やばいなーと思ってたけど、昨日夜中の2時から映画『ミレニアム』のDVDを見始めたら、面白くて最後まで見てしまった僕が悪い、反省。

夜はPFつながりのピアノマン:シオダマサユキ氏のワンマンライブを見るために渋谷へ。弾き語りライブしか見たことなかったけど、バンドライブもパワフルで素晴らしかった!こういう企画勝負ライブをいくつもやってきている彼の原動力は、僕もしっかり見習っていきたい。明日はそのシオダ氏と、湘南OSC(ショッピングモール)のクリスマスツリー点灯式イベントで共演する。彼・・・あの熱演の後でちゃんと到着できるだろうか。。ま、来なかったら一人で全部おいしいとこ頂きます。

点灯式とは別に僕のメインフリーライブは13:40~です。湘南OSC内のフリーライブステージでがっつり弾き語りますので、お近くの方は遊びにいらしてください。

ということで、明日はエレピを持参する事になっているので、さきほど梱包してみた。転ばずに一日無事にやり遂げられますように。

2010年11月11日 (木)

11/13@OSC湘南 フリーライブ詳細

さて、11/13(土)の古瀬智志は「湘南デー」です!ラジオ出演からフリーライブまで、どっぷり湘南の町にお世話になります!神奈川方面の皆様、是非遊びにいらしてください!

■イベント:「FM湘南ナパサ主催 ミュージックトレイン:フリーライブ」
■日時:11/13(土)
 MIRAI      13:00~
 古瀬智志   13:40~
 アクアマリン 14:20~
※ライブ後、CD即売・サイン会もあります!

■場所:OSC湘南シティ オープンモールステージ
http://www.shonan-city.com/pro_event/monthly.php

FM湘南ナパサはライブとオンエアをセットしたアーティスト支援のライブを展開しています。ライブや新作発表、CD即売、会員募集、チケット販売の場を求めているアーティストを応援します。2010年も湘南ラインの町々を楽しいウェーブ78.3MHzと共にナパサ音楽トレインが走ります。FM湘南ナパサのオープンモールスタジオ「BIGWAVEナパサ」があるOSC湘南シティで実施。にぎわい創造!フレッシュな音楽の風と遭遇する湘南ライン・ナパサミュージックトレイン。

※またこの日は、モールのクリスマスツリー点灯式が16:30頃から予定されていて、午後のライブに出演するシオダマサユキ君のライブに、古瀬智志がゲスト出演する予定です。そちらも合わせてよろしくお願いします。

※FM湘南(78.3MHz)『ミュージックトレイン』の放送は15:15~です。

生こせさとしが、がっつり喋りますので是非聞いてくださいね。

11/24@高田馬場天窓.comfort 詳細

天窓.comfortでのライブはいつも男性ミュージシャンとの共演がほとんどなのですが、今回は女性ミュージシャンたちもいて華やかですね。僕もライブ三昧で調子がうなぎ上りですから、良いライブをお届けできると思いますよ。12月の「男のピアノ スペシャル」の前売りチケットも持っていきますので良かったらどうぞ。

■日時:11/24(水) 18:30op/19:00st
■タイトル:comfort presents「Precious!」
■チケット:¥1,500(ド別)
■出演:

古瀬智志
Qoonie  http://blog.goo.ne.jp/qoo92
サクタマサヤ  http://web.sakutamasaya.com/
kanae(a pool par) http://ameblo.jp/kanakey/

※古瀬智志の出演は3番目で20:20~の予定

まとめて感謝

ライブシリーズが始まり、制作も並行で進んでいた中、急なレコーディングが一件入って、2週間ほどハチャメチャでしたが、音源の入稿が無事に終わり、今日は一息ついています。12/8発売予定だそうです。また詳しい事が分かったら告知します。

3日ほど夜遅くまで外出していたので、今日はバイトから帰ってきたらさすがにちょっと疲れてしまったので、湯船にゆっくり浸かってから布団に潜り込んでガッツリ昼寝しました。気持ち良かったー。

考えてみるともう11月。去年派遣切りにあって、それを期に音楽一本で生活していく事と真剣に向き合うようになって一年が経ちました。今年の3月頃は生活が本当にギリギリで、このまま死ぬんじゃないかという未経験の恐怖がありましたが(笑)、とりあえずなんとか1年生き抜けました。結局その3月頃から半日バイトを始める事になったけど、ピアノのサポートやレッスンも少しやるようになったし、音楽活動もぐっと濃度が深まって、なんだか「やるべき事をして生きてる」実感が一年前より増えた気がします。あとは結果だけ、かな?でもね、プロセスが、というか日々そのもののほうが、実は重要で本質なのかなとも最近はよく思うようになりました。次の一年も元気に音楽活動がしっかり出来ればいいなと思っています。

youtube『wonderwall』のアクセスが620に到達しました!これって実は予想以上に順調です。そろそろ止まりそうだとずっと思ってるんだけど、ジリジリ伸び続けています。ライブでやってるからかな?1000アクセスくらいまでこのまま行けば、その後は何か考えますのでどうぞ引き続きご支援よろしくお願いします。

http://www.youtube.com/watch?v=-_ODzLq80Dk

昨日の笹塚Blue-Tでのライブでは初めてうちのバンドのドラマー:高野アキラがサポートで参加してくれました。ガッツリリズムを叩くというよりは、効果音的な演出をいっぱいしてくれて、弾き語りすと:こせさとしの世界観を尊重してくれて嬉しかった。昨日のライブの模様とお店の絶品中国茶については、高野アキラがバンドのofficialブログに書いてくれてますのでそちらをどうぞ!↓

http://ameblo.jp/kosetrio/day-20101111.html

12月にはピアノロックトリオのアコースティックライブも同じ場所でやるので、その時はもっとガッツリ叩くと思います。

ゆっくり昼寝したので、今夜はこの後、頑張って制作します。

2010年11月 9日 (火)

怒涛の一日

土曜日に湘南OSCというショッピングモールで弾き語りのフリーライブをするのですが、「機材をもってこい」と先方に言われて途方にくれておりましたら、練馬駅前のseiyuに大きな緩衝材(プチプチね)が売ってるというので、それを買いに行く。1000円でバッチリ。家に帰ってためしにエレピを包んでみる。なんとかなりそう。これをカートに載せて引っ張って行くことにする!江古田駅にもついにエスカレーターとエレベーターが付いたので、多分いける。この日はsoundhuman斉田さんが同行してくれるのだが、彼に物販を持っていってもらう事にいま勝手に決めた(笑)。だってこれ以上の荷物は危ないんだもの。きっと色んな意味で土曜日は思い出に残る一日になるはず。

その土曜日の湘南イベントについて。
http://www.shonan-city.com/pro_event/monthly.php

ラジオにも出演する(FM湘南の『ミュージックトレイン』という番組)。サテライトラジオ出演→フリーライブ→FMラジオ出演。さらに夕方からPF仲間のシオダマサユキ君がクリスマスツリーの点灯式ライブをするということで、僕もラジオが終わった後またライブ会場に戻って彼と2曲ほどセッションする事になりました。すげぇスケジュールだな。。

今日夕方、シオダ君の自宅スタジオにお邪魔してそのセッションの打ち合わせと練習。彼は前日金曜日に大切なワンマンライブ@渋谷boxxを控えているのでいま結構大変そう。勝負イベントの一週間前って地獄だからね(笑)。
みんな自力でよく頑張っています。俺も負けてられるか。

帰宅して19:00、音出しできる20:30までに、明後日に迫った笹塚Blue-Tでの弾き語りライブの曲の音源をささっと録音して、うちのバンドのドラマ;高野アキラにデータを送る。なぜなら、水曜は彼がゲスト参加してくれるからです!トシロウと二人でやった事はあるんだけど、高野君と二人ステージは初めてです。Ustream中継もまたするみたいだから、明後日はブログやtwitterでアドレスを確認してくださいね。きっとまた素晴らしい夜をお届けできると思います。ちなみに笹塚は新宿の隣駅ですよ。すごく綺麗なお店なので、夜都内にいる人は是非生ライブを体験しにきてほしいです。グランドピアノだし、ここの中国茶は本当においしいですよ!

21:00、ささっと夕飯を食べて、その後はメールのやりとりを数件済ませた後コンペ用の曲のミックスを1曲仕上げた。先方に待っていただいているので明日4曲まとめて郵送する。もう1曲、勝負曲が残っているので、これも早く録りを終えてエンジニアの友達に振らなくては。。

ということでよく動いた一日でした。
さすがに眼精疲労からくる肩こりで、もう首とか耳がキンキンします。
そろそろ寝ます。
明日また頑張らなければ。
おやすみなさい!

↓良かったら遊びにきてね。

■イベント:「ぷぅ’sBAR」 
http://ameblo.jp/girls-singers-live/entry-10665376881.html
■日  時:11/10 (水)
■場  所:笹塚 中国茶芸館 Blue-T    http://www.blue-t.jp/
■時  間:19:00開場/19:30~、21:00~の2ステージ制
■料  金:2500円(1ドリンク込)
■出  演:古瀬智志/me(みい)

2010年11月 7日 (日)

『子ピアノロックフェスティバル』終了! 改定版

昨日のピアノ弾き語り2マンイベント『子ピアノロックフェスティバル』@南林間la_stanzaに起こしくださったみなさん、そしてUstreamでライブ中継を視聴してくださったみなさん、どうもありがとうございました。

昨日は音楽仲間の斉藤しゅん君がPA周りを担当しに来てくれたおかげで、モニター環境もとても充実していて、すごく演奏しやすかったです。

霜田りえこさんは、今ピアノロックトリオの製作中の動画用の絵を持ってきてくれました。まだ「社外秘」なので、開演前に駅前のドトールでそろっと見せてもらって打ち合わせ。素晴らしい絵が描きあがっていて、テンション上げてライブ本番に望めました。
イベントは、イツロモリ君が先攻→僕が後攻。

モリ君は、バンドのワンマンライブを控えて、いま根本的なスキルアップに心血を注いでいる段階とあって、すごく丁寧で繊細かつ大胆なピアノヴォーカル。今までとは全然違うふり幅の大きな表現でせつない歌を次々と歌い上げていった。ちょっとひねくれた歌詞や言葉の響きがどんどんと耳から入ってきて、彼の音楽のオリジナリティがこれまでとは比べ物にならないくらいダイナミックに伝わってきた。やっぱり練習って大事ですね。

そのモリ君が3曲も4曲もアンコールやっちゃうので、いったん盛り上がった雰囲気を壊さないように僕も1曲目から入魂で。今日は声もよく出たし、お客さんがすごく近かったけどそれでもあんまり緊張せずに歌えました。最近は、ライブの最中に伝えたい事に気持ちがちゃんと行くようになってきた。間違ったらどうしようとかあまり考えなくなったのが良い方向に出ているのだと思う。でもちょこちょこ間違えるけどね。
終演後はCDも売れたし、この日限定販売だった自家製サングリアも美味しかったし、スパムバーガーもこれまた超美味しかったし、いう事なしの最高の夜になりました。
Lastanzasang_2
絶品サングリア:今回はラ・フランスが効いていたいたようです。
11/6『子ピアノロックフェスティバル』@南林間la stanza
setlist
1.夜明け前
2.ホームシアター
3.parallel lovers(リズム付)
4.ジェニーの選択
5.素顔のままで(billy joel)
6.追伸
7.I love you, stefany
en1.食事の後で
en2.eagle
僕はこの後も予定は数珠繋ぎ状態。
だからこそ、とにかく一つずつ頑張ろうと思っています。
あまり先を見すぎるとしんどくなるし、すぐ心配になってしまいます。
明日も、
来月も、
来年も、 、
一つずつやってくるのですから一つずつ乗り越えていけば、なんとかなるはず。





とりあえず今一番の懸案事項は、来週にせまった湘南OSCでのイベントに、我が家のエレピとスタンドを持っていかなければならなくなった事。車がないので、その運搬方法に頭を悩ませているところ。まあこれとて何とかなるでしょう。何とかなるかな。。


とにかくやる事はいくらでもあります。
そしてそれは「楽しい」って事です。
_____________________________
昨日のMCのネタ

①これが古瀬っちの超おすすめのデンタルフロス。水分(唾液)でふくらむ素材でできているので、歯と歯の間に通しても全然きつくないのに、すごくよくよごれが取れて、最高に気持ちいいです。風呂に入った時は毎日やってしまいます。

01409_2

②アンコールで歌った『eagle』 ↓配信サイトbandcamp

http://kosesatoshi.bandcamp.com/track/eagle

③そしてこちらもよろしくー 『wonderwall/oasis(cover)』by youtube

http://www.youtube.com/watch?v=-_ODzLq80Dk

「子ピアノロックフェスティバル

2010年11月 6日 (土)

本日のライブはustreamで生中継!

本日の「子ピアノロックフェスティバル」は、南林間la stanzaからustreamで中継される事になりました!

これで遠方の方も、古瀬智志とイツロモリの弾き語りライブを自宅のPCでリアルタイムでお楽しみいただけます。

今夜もしお時間ございましたら是非ご覧ください。

19:30~中継開始します。

http://www.ustream.tv/channel/本日の部屋模様

会場に起こしくださる方ももちろん大歓迎ですよ!!!詳細は↓

http://kosech.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-b3e2.html

2010年11月 5日 (金)

神奈川のみなさま、明日お会いしましょう

レコーディングが終わってぐったりしてる間も、悦に浸ってる間もなく、次のやるべき事をガッツンガッツンつぶしております。なんかもうバリバリです。

さて、明日は神奈川県南林間にあるお店ラ・スタンザにて、弾き語り2マンイベントです。イツロモリ君とのタイバンです。イツロモリ君は初のバンドワンマンを間近に控え、もうすでにバリッバリです。そんなバリッバリのイツロモリと、同じくバリッバリの古瀬智志が、バリッバリのロッケンピアノ弾き語りでお送りします。ラスタンザの屋根飛ぶかもね。それからお店の方から絶品の「特製サングリア」がこの日限定リリースされますよ。前回奇跡的なおいしさだった限定、サングリア、奇跡的にもマスターがレシピを残してあったので今回も一日限定で復活します。

お近くの方、お時間ある方、ちょっと小旅行に出かける気のある方、是非お店に電話入れてから遊びにきてくださいね。よろしくです!

Lastanza_fryer

■イベント:「子ピアノロックフェスティバル」
■日  時:11/06 (土)
■場  所:南林間 娯楽酒家 La stanza
      大和市南林間 1-10-17 046-277-7322 begin_of_the_skype_highlighting              046-277-7322      end_of_the_skype_highlighting
      la_stanza@anythinq.net
■時  間:19:00開場/19:30開演
■料  金:2000円(1ドリンク付き、学生1500円)
■出  演:イツロモリ、古瀬智志

2年ぶりにあのイベントが帰ってくる!
2008年、コカリクー4d vs 古瀬智志ピアノロックトリオの2マンイベント「Piano Rock Festival@渋谷O-crest」のプレイベントとして行われたフロントマン同志の弾き語り2マンイベント「子ピアノロックフェスティバル」が、単独で復活!元コカリクー4d(現イツロモリファイヴ)のフロントマン:イツロモリと、ピアノロックトリオのフロントマン:古瀬智志による、夢の2マンイベント。会場の神奈川県南林間「娯楽酒家 La stanza」は、入り口で靴を脱いで上がる小さな「お座敷bar」。当日はたくさんの地元のお客さんや遠方から来られる方で超満員になること間違いなし!チケットの予約はお早めに!

【チケットの予約方法】

お店宛てに、メールか電話にてお名前と人数をお知らせください。

予定人数に達した時点で予約終了とさせていただきます。

【南林間 娯楽酒家 La stanza】

電話:046-277-7322

Email:la_stanza@anythinq.net

営業時間: 18:00〜24:00(L.O.)

定休日:日曜日

2010年11月 4日 (木)

第一目標達成!御礼 と 新作配信決定!

先月you tubeで公開した『wonderwall/oasis』の視聴回数が500アクセスを突破しました!とりあえず最初の目標だったので、達成できて聴いてくださったみなさんに感謝しています。もっともっとたくさんの人に聴いてもらえるように、頑張って宣伝していきます。今後ともどうぞよろしくお願いします。

『wonderwall/kose satoshi(cover)』

http://www.youtube.com/watch?v=-_ODzLq80Dk

それから弾き語りの音源を「bandcamp」というサイトを通じて配信していくことになりました!

現在は発売しているCD『SerenadeⅠ』の3曲+書き下ろしの新曲『eagle』の計4曲をupしています。視聴は無料ですので是非聴いてみてくださいね。購入する場合はダウンロードで1曲150円です。こちらのサイトにはこの後も随時新しい作品をupしていく予定ですので、よろしくお願いします。

↓bandcamp

http://kosesatoshi.bandcamp.com/

『Eagle』    作詞/作曲 古瀬智志

人だかり

重なる視線

スポットライト

太陽の光

冷たい風は大地を滑り

冷えた翼を今貫いた

お前はきっと翔べるだろう

この腕を離れ鎖を切って

そして歓声の沸き起こる中

遥か舞い上がる光になるだろう

fry away 満たされるばかりの世界で

何もない世界に生きるよりも

fry away お前には翔ぶべき空がある

運命を知り、本能に火をつけて

さあ、翔べ

翔べ、希望よ

2010年11月 3日 (水)

11/10@笹塚Blue-T『ぷぅ’sBAR』 詳細

■イベント:「ぷぅ’sBAR」 http://ameblo.jp/girls-singers-live/entry-10665376881.html

■日  時:11/10 (水)
■場  所:笹塚 中国茶芸館 Blue-T     http://www.blue-t.jp/

■時  間:19:00開場/19:30~(1時間ステージ)←修正しました

■料  金:2500円(1ドリンク込)
■出  演:

古瀬智志

me(みい): http://ameblo.jp/me-vo-key/

今年下高井戸から笹塚に移転したBlue-Tは、グランドピアノと、とても美味しい中国茶のあるお店です。このライブハウスで平日毎週水曜日19時から開催されている企画ライブ「ぷぅ’sBAR」に古瀬智志が初めて出演します。

Blue-Tは移転ではありますが、新規オープンのとても綺麗で広くて素敵なお店です。本場中国から直接仕入れているという絶品中国茶を飲んでリラックスしながら、ゆったりと生ライブを楽しんでいただけます。笹塚なのでアクセスも抜群!!週中の水曜日、是非夜の逃避行をしにふらりとお立ち寄りください。

レコーディング無事終了しました!

昨日は年末に発売される弾き語りコンピCD用の曲のレコーディング本番。
バイトは休みを変わってもらい、早起きして、お参りして、ピアノの練習をし、午後にヴォイトレに言ってからスタジオに向かいました。ヴォイトレは休もうかとも考えたんだけど、あまり朝から考えすぎたり準備しすぎると緊張しすぎてしまうので、別の集中できる事があって調度いいかな~と思ってレッスンに行った。正解でした。悶々とした集中力がスカっと一度抜けて頭スッキリ。

ワタル君が優しく厳しくディレクションをしてくれたおかげで、いつもの自分よりは感情を込めて歌えたと思います。バンドの高野アキラが応援にきてくれました。一番キツイ時に、あのメガネがスタジオの向こう側にフラっと見えて、最後にもうひと踏ん張りに繋がった。応援に来てくれたアっちゃんも、見学がてら来たくださった(幸仔さんの事務所の)山崎さんも、ありがとうございました。アキラ君がブログに書いてくれたので詳しくはそちらをどうぞ。僕は自分の事に必至で写真ひとつ撮れませんでしたが、このスタジオすごく使いやすかったし、録音してくれたエンジニアさんも良い人で何よりとても有能な方でした。

http://ameblo.jp/kosetrio/day-20101103.html

で、スタジオに来てくれた人みんなが曲を良いとほめてくれたのですが、それと同時に「この曲なんかいつもと違うね、この歌詞の登場人物はフィクションじゃなくて古瀬君本人でしょ!?」って言われました

・・・

あははは、
フィクションだよ!
フィクションに決まってんじゃん。

ということでとりあえず録音は無事終了。そのあとみんなで飲んだビールが旨かった。曲書きから始まったこの一週間は缶詰だったのでさすがに帰ったらバタンキューでした。

また今日から次に向かおう!

このCDの情報は追ってお知らせします。

乞うご期待!

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

フォト

twitter

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

古瀬智志情報