« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

大晦日

アルバイトから帰ってきて、大掃除をした。

普段やらないようなところまできれいにして、結構な量のゴミを処分した。

心すっきりだ。

今年は色々と「難しい一年」だった。自分の予想が外れる事も多かったし、反省すべき自分の問題点も色々と分かった。途中テンションが下がったりする事も何度かあったが、紆余曲折を経て、こうして新年を迎える前にクリーンな気持ちでいられる事はシアワセだ。

来年は・・・

それはまた改めて書きます。

今年一年みなさんありがとうございました。

来年も音楽活動頑張ります。

よいお年を!

2010年12月17日 (金)

ミモザのライブ

今日ミモザのライブを観に恵比寿スイッチに行きました。今日で活動休止ということでお別れライブだったわけですが、すごく気持ちのこもった良いライブでした。

彼らと知り合ってまだそんなに長くないし、会う回数もそんなに多くはなかったですが、彼らが音楽に対してすごく真摯で、一音一音丁寧に奏でる所が凄く好きでした。3人とも音楽活動をやめるわけではないので、これからもいろんな場所で会うことになるでしょう。音楽を大切にしているミュージシャンは、僕にとっても大切な仲間ですから、これからも付き合いが続いていく事を願っています。

ひとまずお疲れ様でした!

2010年12月14日 (火)

ちょっと素敵な現実

いつもライブに来てくださるお客さんから写真が届きました!

『歌うピアノ男子』・・HMVで、売ってるみたいです、ちゃんと。

面出し扱いされてるじゃないですか!

もちろん僕の手柄じゃないんですが・・でもやっぱすごく嬉しいね。

「最高品質のジャパニーズ・ポップス決定版」って書いてあるし。

一人でもたくさんの人の手に届け~!!

101214_201147

Somebody’s Ballad   作詞/作曲  古瀬智志

都会のハイエナが恋をした
腹が減って孤独だった
運命に翻弄されながら
たった独りで生き延びてた

東京パノラマ、陽は暮れて
無数の足音が響いている
行き交う雑踏の彼方に
そのシルエットを探していた

夢見る午後はすぐにも通りすぎてゆく
心寄せる場所さえ与えられない

少年の日に思いを馳せる
歯がゆい初恋の日暮れだった
泣いて帰る後ろ姿
息も出来ずに眺めていた

愛を試すなら今しかない
大抵の事はやり過ごした
自分を偽る隙間もない
侍みたいな日々があった

雨みたいに降り注ぐ光のシャワーに
jazzyな癒しを求めても最後はブルースさ

嘘をつくのは嫌だ
これ以上何を失うのか
不器用ゆえの今ならば
心のままに見届けてやろう

雨みたいに降り注ぐ光のシャワーに
jazzyな癒しを求めても最後はブルースさ

「流るるもの常にあらず」
波打つ都会で暮らしながら
とどまって生きてゆく事は
所詮無理なんだとわかっている

それでも今日は
それでも今日が
まるで何も
変わらないなら
せめて今夜は
募る思いで
口ずさむのさ
Balladを

lalala・・

2010年12月13日 (月)

バンドのライブの終了

昨日でバンドのライブも無事終了しました。

この一年は「ただなんとなく継続してライブ活動をするだけではなく、目的と目標を持って現状を変えるために色々チャレンジしてみよう」という気持ちを年初にもって臨みました。

その上で、いつもバンドメンバーの次に近くにいて、相談に乗ってくれて、アイデアを出したりアドバイスをしてくれたりしながら一年間を通してがっつりサポートしてくれたのがsoundhumanの斉田さんでした。だから昨日、一年の最後を彼と一緒に締めくくれた事が嬉しかったです。

目標を高く設定してたので、結果的には「惨敗」の一年になってしまったのはもう言わなくても互いの顔を見れば分かります。でも小さな種まきがたくさんできた一年でもあったので、来年そこから小さな芽が出て、花が少しでもたくさん咲くように、水を与えつづけていく事にします。

あと個人的にも、遠くを見るときも、近くを見るときも、すぐ傲慢になってしまう自分がたくさんいて、それで周囲に嫌な思いをさせることも多々あったよ反省しています。もっと地に足をつけて謙虚に、でもポジティヴに進んでいけるようにするのが僕の来年の目標です。

みなさん、付き合ってくれて一年間ありがとうございました。

来年もどうぞよろしく!

2010年12月12日 (日)

2010年ライブ終了!

昨日は『男のピアノ X'mas スペシャル』でした。ご来場くださったみなさん、ありがとうございました。そして今年一年の弾き語りライブ活動はこれで全て終了です。年明けのライブのアナウンスは今いろいろ調整している所ですので、もうしばらくお待ちください。

今年は後半からバンド活動と並行して弾き語りライブも再開し、こうして個人ブログも書くようになって、秋冬はとてもエキサイティングな毎日でした。先日発売になった『歌うピアノ男子』もおかげさまで好評をいただき始めております(まだ発売されたばっかりだからね)。

これからどれくらい広がっていくかは来年になってみなければ分かりませんが、僕の音楽をこれまで以上にたくさんの人に知ってもらえるチャンスをいただけた事に本当に感謝しています。ずっと応援してくださってるみなさん、そしてこれから新しく出会ってくださる方々の期待に少しでも応えていけるように来年は頑張ります。

12月はこの後、楽曲の制作に没頭しながら、年賀状書いたり、周りの整理をしたりする予定です。2011年の所信表明については、年が明けてから正式にするつもりですが、とにかく今年一年お世話になりました。

2010年12月10日 (金)

いよいよ明日です!『男のピアノ スペシャル!』

「男のピアノ」は天窓.comfortがお送りする老舗イベント。

こうして時たまスペシャルが行われるのですが、今回は年末という事もあってすごいラインナップです。僕も負けずに存在感発揮してみようと思います。

時間が早い(というかまだ昼ですね/笑)ですが、今年最後の弾き語りライブです。散歩がてらふらっと立ち寄って、明るいうちからビール片手に生ライブなんてオツでしょ?

遊びにきてくださると嬉しいです!お待ちしてます。

■日 時:12/11(土) 15:30op/16:00st

 ※古瀬智志はトップバッター、16:20~出演です。
■場 所:高田馬場天窓.comfort
■タイトル:男のピアノ スペシャル!
■チケット:¥2,000(ド別)
■出 演:

古瀬智志

イツロモリ http://itsulo.com/

三村昌也&今村浩二(from LIPNITZ) http://www.lipnitz.com/

渡辺トモヒロ http://ameblo.jp/nabeta403

後藤一哉 http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=lately_soul

羽井一彰 http://hanei.at.webry.info/

O.A.⇒コバケン http://www.kobaken-kobaken.com/

2010年12月 8日 (水)

本日発売です!

本日発売です!

みなさん是非買って聴いてください。

News_large_va_pianodanshi

<収録内容>
1. さかいゆう/ How Beautiful (with PIANO)
2. 渡 watary / a song of true heart
3. 川口大輔 / Memory Lane
4. 中塚武 / キミの笑顔
5. ミトカツユキ / コモレビノウタ

6. Somebody's Ballad/古瀬智志
7. i-dep / DAY BY DAY
8. 中塚武 / 涙に濡れた夢のかけら
9. 矢舟テツロー / バールに灯ともる頃
10. 森大輔 / マテンロウ

内容紹介

日本を代表する新世代シンガーソングライターを、この一枚に凝縮。 「自ら歌う」「ピアノ弾き」「男性シンガーソングライター」・・・ そして何よりも「美しいメロディ」にこだわってコンパイルされた、最高品質ジャパニーズ・ポップスの決定盤。 中塚武主催"Delicatessen Recordings"より、「歌うピアノ男子」達によるコンピレーションが登場!

Amazonでご購入の方はこちら

『ブレードランナー』と『月に囚われた男』

soundhumanの斉田さんと『I love you, stefany』弾き語り版のミックスについて色々打ち合わせてしてた時、「ああ、ブレードランナーって事ね」って軽く言われ、「なにそれ?」って事で『ブレードランナー』さっそくDVD借りて観てみた。
715zv2bb7hul__aa1000_
はい、そういう事です。

なにこれ!!
なにこの世界観!!!
俺はきっとずっとこれを探していたよ!!!

ってかもう、
最後に敵ボスのルトガー・ハウアーが死ぬ場面が・・
もう美しくて美しくて。。

で、 何故か思い出したのがしばらく前に見た『月に囚われた男』という映画。
51nrcwjoycl
これも観たとき号泣してしまったんだけど、多分日記に書いても誰にも分かってもらえないだろうなと思って黙ってた映画です。


『ブレードランナー』は人造人間。
『月に~』はクローン人間。


どっちもめちゃめちゃ悲しい話なのですよ。
もうどうする事もできない状況なのです。
運命を変えられないのです。
でもそんな絶望感の中で振り絞ったなけなしの優しさや誇りを見せつけられると、僕はフィクション・ノンフィクションなんか関係なく号泣してしまうのです。

俺、もしかしたら人造人間なのかもな。
これを読んでる君ももしかしたらクローン人間かもよ。
でもお互いとにかく命ある限り最後まで頑張って生き抜こうな。
いろいろあるけど、な。

2010年12月 7日 (火)

野菜

野菜がようやく例年並みに安くなりましたね。

もう夏から野菜食べたくても高くてなかなか手がでませんでしたが、昨日久しぶりに近所の八百屋にいってみたら太い白ねぎ3本98円とか、白菜1/4個68円とか・・なってて思いっきり買っちゃいました。今日は野菜炒めを作って食べました。明日はあんかけ風にして、中華丼かうどんにでもかけて食べようかな。

どんなにサプリメントを買い揃えても、どうしても生の野菜からしか取れない栄養(ビタミン)があって、それが人間には必要らしいですね。そんなの聞いたら不安になるじゃない?でもこれでもう大丈夫、一安心。この冬は野菜いっぱい食べるぞ!

2010年12月 6日 (月)

ゆっくりゆっくり

Photo

今日は朝の仕事はお休み。昨夜2時過ぎまでバンドのPV用の絵コンテを書いていたので、今朝はゆっくり昼過ぎまで寝た。カーテンを開けると12月とは思えないくらい温かい気持ちの良い日差し。窓もあけて空気を入れ替えた。

やりたい事や叶えたい事はたくさんあるが、何事も時期やタイミングが大切。

いつも僕は気持ちばかり先を急ごうとしてしまう。

謙虚になって、今やれる事から一つずつ。

2010年12月 2日 (木)

『歌うピアノ男子』たち

12/8に全国発売されるコンピレーションCD『歌うピアノ男子』のサンプルが届きました!

どいつもこいつもホントに素敵で、揺るぎない大人のピアノマンたちです!

主催者の中塚武さんは、多分すごくおしゃれなオトナのCDを作りたかったのだろうけど、俺がその夢をちょっと壊してしまったね。一人だけかなり異彩を放っております(ま、俺ロックミュージシャンだから)。

なにはともあれ、楽曲はもちろん、歌、演奏、音質、どこをどう切っても最高にゴージャスなピアノマン'S CDですよ!みなさん、是非CDショップやインターネットで買って聴いてくださいね。(このCDは古瀬智志のライブ会場では販売いたしません)。

Pianodanshi

<収録内容>
1. さかいゆう/ How Beautiful (with PIANO)
2. 渡 watary / a song of true heart
3. 川口大輔 / Memory Lane
4. 中塚武 / キミの笑顔
5. ミトカツユキ / コモレビノウタ
7. i-dep / DAY BY DAY
8. 中塚武 / 涙に濡れた夢のかけら
9. 矢舟テツロー / バールに灯ともる頃
10. 森大輔 / マテンロウ

2010年12月 1日 (水)

完全休養

昨日は一日音楽活動は何もしないで、ゴロゴロ家で映画を見たり、ちょっと新宿に買い物に出かけたり、料理を作ったり、散歩したりしてゆっくり過ごした。

今日から12月。今年もあともうひとふん張りだ。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

フォト

twitter

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

古瀬智志情報