« 書き終わったー! | トップページ | デモ製作 »

2011年5月11日 (水)

『追跡調査』ピアノ弾き語りリバイバル

6/26の初ワンマンライブに向けていろいろ目玉を用意しているのですが、なんと言っても新作CD『Serenade Ⅱ』のリリースがトップニュースです!『Serenade Ⅰ』を出してから大分日にちが経ってしまいましたが、またソロになったので、今後この弾き語りシリーズを続けていきたいと今は考えています。

そして、今回の『Ⅱ』に録音しようといま準備しているのが、今日のブログタイトル『追跡調査』という曲です。この曲はオリジナルはもう廃盤となってしまった僕のソロCD『puzzle mind』の収録曲なのですが、その後バンドでもたまにライブで演奏してたし、僕にとっては結構重要な曲の一つです。これを弾き語りバージョンでリバイバルします。

オリジナルはここで聴いてね→ http://jp.myspace.com/kosech

この曲は実は完全なオリジナルアイデアではなくて、アメリカの人気作家ポール・オースターの『GHOSTS/(邦題:幽霊たち)』という小説がモチーフになっています。僕はポール・オースターの実際にありそうでなさそうな世界観がすごく好きで、僕の曲の世界観とも共通するところが多々あります(→ちょっとニヒルでストイックなところもね/笑)。それにしても、もう8年も前の曲ですが、今こうして改めて聴いてみると、よくこんなの書いたな(というかメロディに押し込んだな)と我ながら驚きです。当時、まだまだ散漫だった自分の頭の中の音楽たちが、オリジナルの音楽性としてだんだん専一になり始めてきているのを実感して、創作に対してすごくエキサイティングしていた頃ですね。「音楽的青春」かもな?

この曲もワンマンライブでは・・・もちろんやるつもりですが、その事についてはさらなるサプライズがあるので、また次の日記ででも書きます。

110511_1613001

明日ピアノのレコーディングをするので今日はリハーサル。

久しぶりにP子の蓋開けました。

追跡調査  作詞/作曲 古瀬智志

依頼人は富豪で一度もまだ顔を見せない
追跡する対象は向かいのアパートの住人
目的も聞かされない、情報の提供もない
ただ毎日行き先を記録する為に追いかける

6時には目覚めのコーヒーと新聞
ネクタイをしめ直して勤めに出かける
透明な存在で僕はこの男の生活を
そっと踏み荒らして
日暮れには寄り道もしないで舞い戻る
一人きりの夜を寂しがる素振りもない
窓越しに見えるのは、昨日と同じ日常

羽振りのいい待遇とは裏腹に連絡も来ない
息をひそめても何も起こらない
言いようのない孤独が疲労に拍車をかける

昨日町で知り合った女に電話して
休日はモールで買い物でもしたい
届けられるディナーも僕一人には豪華すぎて
何の味もしないで
明日は市場の野菜売りの少女と
白壁の迷路で追いかけごっこしよう
迷い込んだホールのダンサーが僕を魅了して・・

誰かが僕を見てる 彼を見てる僕を見てる
僕が見てる 彼を見てる
彼が見てる 僕を見てる

今すぐに切り上げて君のもとへと戻りたい
I love you, kiss me baby,
そして未だこの男に何か起こる兆しなど何もない
もう堪えきれない
今夜の0時でもう終わりにしよう
この件から完全に手を引いて帰るんだ
そう考えた途端に電話のベルが鳴り出して
それが誰か、何故かわかる

イベント:『古瀬智志ピアノ弾き語りワンマンライブ』
日  時:6/26(日)18:00op/19:00st
場  所:高田馬場天窓.comfort
チケット:前売2500円(+1d)

電話 予約 03-5338-6242 (四谷天窓 13:30~23:00)
メール予約 
info@soundhuman.com (soundhuman inc.)

« 書き終わったー! | トップページ | デモ製作 »

弾き語り初ワンマンへの道」カテゴリの記事

コメント

古瀬さん

「オリジナルはここで聴いてね→ http://jp.myspace.com/kosech」

やっぱ、凄いわ!古瀬さん、素晴らしい!心の奥が熱くなって、どうしようもない。
・・・・もう、ずっと聴いてる。ずっとずっと聴いてる。なんかストーカーみたいで、やんなる・・。。

ただ、古瀬さんの意に沿ってないと思うんだけど、「君の声が聞こえる」「WAVE」「Lala」を繰り返し聴いてる。
そして歌詞を書きとってしまった。割とたんたんとした言葉が、真っ直ぐで、ハッとする顔を見せている感じ。
(どうしてもWAVE のミクロを生きよう から 立ち止まれない事位までの間が解んなかったんだけど・・そこだけ)
「君の声が聞こえる」・・・今だからこそ、強く訴えかけるものがあると思う。もう、ずっと泣いてる。


まいったなあ・・・。本当に好きになって良かったアーティスト・・よくぞ出逢ったと思う。


「君の声が聞こえる」

主のいない君の部屋には、僕が置いた花の匂い
君の傍に僕も行きたい それ以外、何も無い 
昨日と同じさ

君は僕の願いを叶えない、意地悪なのはずっと前からさ
そして今日の決意も諦めさせるのさ また元通り


君の声が聞こえる この耳に届く。
僕は生きる力を手に入れる。
こんな暗闇さ どう進めばいい?
明日も見えないというのに?

君の声が聞こえて、この部屋に響く
僕にまだ生きろと伝えてる。

君もまたこうして 僕を遠ざける。
今もまた、君を守りたいのに。Oh! Yey・・・

君は好んで、この窓辺で空を見ていた
君の希望になれた気がして Oh! Yey・・・
無責任な約束もあった・・。

僕はまるで迷子の鳥みたく 行き先の無い 空も飛べない
なのに君は繰り返し 僕を何度も 揺り起して

君の声が聞こえる 僕を奮い起す
やがて新しい朝になる
日の光が僕の 闇を壊していく
町のざわめきが甦る

君の声が聞こえる この耳に届く。
僕は生きる力を手に入れる。
僕はその力で足を踏み出して
君と出会ったこの世界を

生きる 生きる Yey・・

振り返っても 誰もいなくても 行こう

そうさ 君は どんな時も

僕の話など聞かないで ただ笑うだけで
いとも 簡単に
歌うだけを 奪い取るのさ

君の声が聞こえる この耳に届く。
僕は生きる力を手に入れる。
こんな暗闇さ どう進めばいい?
明日も見えないというのに?

君の声が聞こえる この耳に届く。
僕は生きる力を手に入れる。
この広い世界に 足を踏み出して
君が生きた証に僕はなろう


君の声が聞こえる この耳に届く。


君の声が聞こえる この耳に届く。

ありがとうございます。
とても嬉しいです。

長くやってきたので、それなりに色々「引き出し」があるんです、僕(笑)

sound libraryもそのうちちゃんと整理して色々載っけていくつもりですので、そちらも気長に待っててくださいね。

古瀬さん

>長くやってきたので、僕(笑)

・・・・・え~と・・・・(^^ゞ・・・と、自らの失言を忘れたフリ~。

>sound libraryもそのうちちゃんと整理して色々載っけていくつもりですので、そちらも気長に待っててくださいね。

楽しみにしてます!

あと、「WAVE」と「Lala」の歌詞も書きとったんだけど、わからないとこや、不正確でもあるかと
思うんで、時間のある時にでも、改めて、歌詞をアップしてくださると嬉しいです。

「Wave」

目を閉じれば 空だって飛べるさ
君の胸の痛みも 消せる

僕らはこのイメージの声を 独り占めできる
やがて君の頭の中にも 恍惚のWAVEが届く

そしたら、もうどんな望みでも 思い通りさ
君がドアを叩けばいつも 僕は君を迎え入れる

この楽園は僕が 君のために作った
君が感じている 悲しみを すぐに癒せる場所さ

僕は君のために 何かしてあげたくなる
その途端 この体に衝撃が走る
またWAVE が生まれる

泳ぎを忘れた魚みたいに 都会の海を君が彷徨う
早く情報を 僕のところまで 辿り着くんだ
五千ドル持って 新しい喜びを探し 手に入れよう

僕が今起こしたWAVE に君が酔い
全てが僕らの手を すり抜けたって 
すぐに取り戻せる

愛が約束の無い 無償の共有から
生まれた時のままで保てるのならば どんなに素晴らしいだろう

雨となって地に降り注ぐ 生きとし生ける全てを育むもの
虫となってミクロを生きよう 

 ※ここからが、聴きとれていないです。

(君を狙って木の芽を
風となって 全てを
まだ間に合う)

立ち止まれない事位 百も承知なのさ
それでも僕は人前で 取り乱したりはしない

この楽園は僕が 君のために作った
君が感じている悲しみを すぐに癒せる場所さ

鳥の群れが駆ける 空の星がこぼれる
僕らは いつだって
ここで全てを 生産できるのさ


「Lala」


君がまた 流れていく
この町に 舞い降りたように
今日もこの夢から 流されて
僕は不安になった

手を繋ぐと すぐにわかる
僕らはもう 一人じゃない
なのに どうしてだろ
僕はずっと
不安を繰り返している

強く もっと強く もっと強く 強く 
抱きしめていたい

今日も僕らの愛はまるで無限だというのに
同じ明日を願う途端に 君を失いそうで
僕なりのこんな想いも 綴った言葉も
伝えたいと思う頃に 君がいないようで

目を閉じれば 浮かんでくる
君の願いさえも 

その笑顔に心が 溶け出して
そして 僕は突き抜けて行く

強く もっと強く もっと強く 強く

夕暮れの並木通りを 二人で歩いた
君はただ いつも通りに とても楽しそうで
何気ない会話の中で 生まれる優しさも
限りない喜びとともに 僕は君を見てる

ここに載せるとだいぶん長くなるので、
myspaceの歌詞欄にそれぞれ載せておきますね。

ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412731/39952852

この記事へのトラックバック一覧です: 『追跡調査』ピアノ弾き語りリバイバル:

« 書き終わったー! | トップページ | デモ製作 »

フォト

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

古瀬智志情報