« 初心に戻って | トップページ | 今年もあと2ヶ月になりました。 »

2011年10月28日 (金)

暮らしの中の景色

 季節が良いので、最近は少し早起きして朝の散歩をしています。家の前の道から大通りに出てぐるーっと30分くらいかけて大回りするのですが、目白通りの向こう側からいつも最高の朝日が昇ってきていて、光のシャワーを浴びているようですごく心地よいです。
 僕は東京で4度引越しをしていますが、それぞれの家に、そこでしか味わえない風景がありました。上京してきたばかりの三宿の4畳アパートはそれはもう住み心地が悪くて(笑)よくとなりにある定食屋の座敷席に逃げ込んでいました。三軒茶屋:若林に引っ越した時は世田谷線のチンチン電車に揺られて下高井戸や松原に行くのが楽しかったし、マンションの目の前の中華屋さんのチャーハンが美味しくてよく食べに行きました。このマンションで初めて風呂とトイレが別になり、湯船にお湯を張ってジャブンと浸かる喜びを4年間ずーっと満喫してました。石神井公園(町)に引っ越した時は、近くの公園に朝早くや夜中に行き、静かな池のほとりのベンチに座って考え事をしたり、考え事を忘れたり。少し離れた大通り沿いにあるファミレスの窓際の席では、ドラマティックな曲をいくつも書きました。近所の老舗蕎麦屋にいくとBGMがないお店で昔の祖父母の家の落ち着きを思い出せたし、隣町:大泉の映画館t-joyでガラガラのナイトシアターで最新作のロードショーを見るのは格別の贅沢でした。

 今の江古田にも、見回すとそいいうここに住んでなければ味わえないであろう景色がいくつかあります。一番はなんといってもカフェ。この町にはカフェがたくさんあるので、スゥイーツとコーヒーでよく曲のアイデアを練ったり、作詞をします。今住んでいる部屋はグランドピアノが置いてあって作業用のPCも2台置いてあるため、本当はすごく欲しいと思っている作詞用のデスクを置くスペースがありません。PCで作業する時もスペースの関係でピアノの椅子を流用して座っているので、すぐ腰が痛くなるし(背もたれがないから)、腰痛の一因にもなっています。でも気分転換できるカフェがあちこちにあるのは、それに変わって余りある贅沢なのです。節約節約で外にも出なかった引越し当初とは違う、心の余裕が少しできた今は、しょっちゅうカフェにいくので、お店の人とも顔見知りです。職場も近いから通勤に時間がかからないし、遠出した時はお土産もってバイト先の店に顔を出す、なんてのも江古田で初めての経験です。

 どこに住んでも、どんな家に住んでも、不満は探せば見つかります。でも楽しむ方法もきっとそれと同じくらいあるんですよね。こういうの大事だなーと改めて思う今日この頃です。

« 初心に戻って | トップページ | 今年もあと2ヶ月になりました。 »

日記」カテゴリの記事

コメント

江古田は音楽人がたくさん住んでらっしゃるみたいですね♪
僕も一度住んでみたい街です。

音楽大学がある町ですからね。
うちのマンションにもオペラやってる学生さんがいて、いつも張り合ってます(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412731/42718014

この記事へのトラックバック一覧です: 暮らしの中の景色:

« 初心に戻って | トップページ | 今年もあと2ヶ月になりました。 »

フォト

twitter

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

古瀬智志情報