« ミュージシャンと脱原発 | トップページ | べジタリアンにはなれません »

2012年7月24日 (火)

往生際

 高校受験のために猛勉強していた10代の冬、通っていた学習塾の先生に「試験当日はもう一切勉強するな。参考書も開くな。そんなことしても無駄だ。やることはやったんだから、ドンと構えていろ!」そう言われた。それをうちに遊びに来ていた伯母さんに話したところ、「なんで?試験の直前にたまたま見てた所が偶然試験に出てたらラッキーやん。そんなん何が起こるかわからへんで~。私はギリギリまで本読んでた。」と笑って言われた。少年ながらに、どちらも格好良いなーと思ったのを今でも覚えている。

最近はよりストレスフリーに人生を生きるために、ああしろこうしろと色々教えてくれるリーダー種族の人々がたくさんいますが、それとて意見は人それぞれ。結局最後は自分にしっくりいくやり方を見つけてすすむのが一番。僕の場合は多分往生際は悪いほうですね。高校受験の時も確か伯母さんの意見の方を採用した記憶がありますから(笑)まあ結果はともあれ、振り返ればここまで悔いなしのわが人生。

今、次のステップに進む大きな転機が来ているのをビシビシ全身で感じています。でも「まだ動くな」というプレッシャーもビシビシ受けてて、なかなか佇まいが難しいのです。大切なのは、その来たるべき時に流れに乗ってすぱっと動けるかどうか、今ある環境や関係に囚われず、軽快に次の列車にひょいと飛び乗れるかどうか、そのための備えがきちんとできているか、勇気と覚悟が備わっているか。


ああ。。
こんな「嵐の前の静けさ」は初めてだ。露骨すぎてちょっと気持ち悪い。今なら避難できるかな?いやここに残って勇敢に戦うべきかな・・・・みたいな葛藤が毎日僕の中を巡り巡っています。多分もうすぐ色んな事が急に洪水みたいに僕に起こるんです。自分でもちゃんとわかっている。予感ではなく確信です。

でも今はすごく静かなので、もうちょっとだけ静かにしていたい感じ。

とはいえ、僕は僕ですから往生際悪く色々準備しますね、やっぱり。今日は「始まったら・・」やろうと思っていた事を前倒しでやってしまいました。だって他にやる事ないし、他に何かやる気もないから。。何をしたかというと、いらなくなったものの処分です。もともと整理整頓は得意分野ですが、今回はもう今後もご縁がないと分かっているミュージシャンから頂いた古い自作CDや、DVDに買い換えようと思っている古くなったライブビデオなどなど。得に出会ったミュージシャンから頂いたり買ったりしたCDはなかなか情もあって処分しずらいのですが、でもものすごい量になってるんです。そしてその当のミュージシャンはもうとっくに音楽を廃業していたり、別のバンドをしていたりというのがほとんど。純粋に好きで今も聴いているCDはもちろん残してありますが、縁だけで残してあるもう決して二度と聴かないCD類は思い切って全部捨てました。出会ってくれてありがとう。そして僕は次の新しい出会いを求めて次の旅に出発するのです。

ノスタルジーやら、罪悪感やら、いろいろ沸いてきて、でも終わってみると意外と超すっきり。やって良かった。それにお陰でずっと所在ない状態だったmacbookの居場所がバシっと決まったのでもういつでも仕事始められそうです。こういうのも、もしかしたら大切な「準備」の一つなのかも知れないですね。やる事やっておかないと新しい事って舞い込んでこないのかも。今日はもうこれで良いかな。ゴロンとしていようか。ヴォイトレくらいはやっておこうか。

それにしても急に暑かったり寒かったりで、体は悲鳴をあげています。
みなさんも体調には気をつけてくださいね。

Photo


« ミュージシャンと脱原発 | トップページ | べジタリアンにはなれません »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412731/46444897

この記事へのトラックバック一覧です: 往生際:

« ミュージシャンと脱原発 | トップページ | べジタリアンにはなれません »

フォト

twitter

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

古瀬智志情報