« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月28日 (火)

さてさて、 いよいよ今年の総決算

『Piano Rock Meeting 2014』についてです。

1月から新曲を1曲ずつ、PV付きで7ヶ月連続でリリースしてきました。その7曲をまとめたアルバム『Pictures』を12/6(土)にリリースします。リリースパーティとなるレコ発ライブを同日ライブハウス渋谷7th floorにて開催することとなりました。

長年の音楽仲間でありよきライバルでもあるピアノマン:イツロモリ氏率いる鍵盤ロックバンド『コカリクー4d』との因縁の(笑)タイマンイベントです!古瀬智志ピアノロックトリオが活動してたとき、コカリクー4dとはよく競演させてもらいました。『Piano Rock Festival 2006』を渋谷O-crestでやった時には150人以上の来場で会場がいっぱいになり自分たちが一番びっくりしました。

そんな彼らとの出会いの場所、渋谷7th floorを選んでこのイベントを企画しました。解散~イツロモリのソロ活動を経て再結成したコカリクー4dと、解散~古瀬智志のソロ活動を経て新たなバンドで望む古瀬智志バンド。あの日のファーストコンタクトの感動をきっと僕らはこの日、再確認するのでしょう。そしてそれを是非みなさんと共有できたらと思っています。

古瀬智志バンドはとりあえず今回だけのプレミアムバンドです。来年以降の活動はさておき、とにかくこの大切なレコ発ライブだけは是非このメンバーでやりたいと思い、ツワモノ人に声をかけさせていただきました。Dr:コジマカオル、Ba:宮本知範両氏は『Pictures』のレコーディングにも参加してもらったので、もうトリオは息もばっちりです。そしてさらに今回は「いつかどこかでご一緒させていただきたい」とずっと思っていたSax武田和大氏を4人目のメンバーに迎えて、華やかに古瀬ワールドを満開させたいと思っています。

何度も言いますが次があるかわからない本当にとってもプレミアムなライブになると思いますので、是非お友達などお誘いの上、ふるって遊びに来ていただきたいのです。

CDは・・・ビール飲んでお金が余ってたら買ってください(笑)。一枚1000円なのでお買い求めしやすいかと思います。でもまずはとにかくライブ観て欲しいです! 長くなりましたが何卒よろしくお願いします。

20141206

■イベント:『Piano Rock Meeting』

■日  付:2014年12月6日(土)
■時  間:19:00開場/19:30開演
■場  所:渋谷7th floor
■出  演:コカリクー4d(イツロモリ)/古瀬智志バンド
■チケット:前売2500円/当日3000円(+1ドリンク代別)




2014年10月24日 (金)

再会~ハモニゴンライブ in 吉祥寺のろ

昨日は大急ぎで仕事を終わらせた後、自転車をぶっ飛ばして大江戸線に飛び乗って夜の吉祥寺へ。『吉祥寺のろ』でやってるハモニゴンのライブ参戦。Saxの武田和大さんは、12月の僕のライブにメンバーとして出演して下さる事になった、一年中全国を飛び回っている超多忙なミュージシャンなのです。

7年か8年か前、僕がまだ囚人服を着てライブしてた頃、お客さんで来ていた武田さんにライブ後に声をかけていただき、名刺をもらったのが出会い。その後インターネット内で再会したものの、実際にお会いするのはなんと初対面以来。僕はライブ観られたけど、僕は観たことないという状況。「どんな人かな?どんな音出すのかな?」とちょっと緊張しながらも・・・でもライブ終わっちゃうから急いで急いで。。

吉祥寺の飲み屋街に『のろ』を見つけて足を踏み入れると・・・そこには小さなお店をU字型に囲うように座ったハモニゴンの3人(実際は絶妙な合いの手を入れられる隠れた4人目のメンバーがいます(笑))とお客さんたち。なんという和み空間だ!!この「会」をゆったりやんわりと進める武田さんの話し声を聴いた瞬間に、そしてしばらくして始まった演奏で最初の音を聴いた瞬間に、「あ、良かった」と思いました。来て良かった。また会えてよかった。ライブに誘わせていただいて良かった。こういう人だったら良いのにな~こういう音だったら良いのにな~と想像していた通りの、ホントに素敵な大人のミュージシャンでした。全国あちこちに精力的に出かけて活動し、こうして地元に戻ってくると仲間が待っていてくれる...僕もこうおいう大人になりたい!とっても楽しかったので演奏後もしばらく一緒に焼酎飲みながらみんなでワイワイ話しました。

Photo

2

7・8年前にあの大久保hotshotで偶然声をかけてくださらなければこの夜はなかったわけですから、出会いは大きな時間枠で捉えなければいけませんね。もう二度と会うわけないと思っている人とも、何かのご縁でまた再会するのかも。

そんな大人の武田さんも、子供のように暴れてくださる(笑)僕の勝負ライブは12/6、渋谷7th floorです!
20141206
みんな早めに予約して前売りチケットgetしてね!


チケットはこちらから

twitterや、fbからでも予約できます。


2014年10月18日 (土)

ワルツが凄い!俺も頑張る。

昨日、何の前触れもなく突然、僕のフェイバリットピアニストが代わりました。


プロのピアニストにも演奏する作曲家や時代によって得手不得手がだいたいあります。「この人のバッハは良いショパンは最悪」とか「この人のラフマニノフは最高だけどモーツアルト弾かせたらくどい」とか・・色々あるんです。まああって当然です。だってそれくらい歴代の名作曲家たちの個性自体がすごいわけですから。

ホロヴィッツはサラっとすごいの弾くので実は結構好き。アルゲリッチもじゃんじゃん弾くわりに節回しが絶妙で結構好き。でも近年ではアンスネスとか、マルク・ラフォレとか、結構「地味」といわれる人が好きな事も多い。でもフランソワとか、ワイセンベルグとかも好きだったり、ルガンスキーは顔も好き(笑)・・・ううん、自分が好きなピアニストに明確な基準がないのです。でも聴けば「ああこれ好き」「これ嫌い」がものすごくはっきりすぐ答えが出るんです。

で、
これまで僕のなかなか叶わなかった理想のピアノに昨日出会ってしまいました。僕、この人全然知らなかった。でもショパンのワルツ聴いて感動なんて滅多にしませんよ。

とにかくすべてが絶妙、そして超絶、でもサラっとダンディ。

1時間以上あるコンサート音源だけど1回も飛ばさず一気に最後まで聴いてしまいました。「音楽が天から降りてきた」とか「メロディが降ってきた」とかなるべく言わないようにしてますが(笑)、ちょっと神的なものを感じます。まだ出会って二日目ですが、もうメロメロです。

2014年10月 2日 (木)

先日、築地にあるスタジオ東京録音にて、新作アルバムのマスタリング作業をしてきました。マスタリングとは別々の日時・環境・スタッフによって作られた曲たちをアルバムとして最終的な一つの作品にまとめあげる工程です。

それぞれの曲ごとに、ミックスエンジニアたちの曲の解釈や思い入れやこだわりや個性が詰め込まれていますから、それぞれが音量・音圧・響き・方向性・すべてが曲ごとにバラバラなのです。それらを個性をそのままにまとめ上げるマスタリング作業は、「主観と客観のせめぎ合い」というある意味究極の作業です。エンジニアは、ピアノロックトリオ時代からずっとお世話になっている東京録音の”メグさん”こと青木恵順さんにお願いしました。

Photo
エラそうにしてますが、基本的に「OK」っていうだけです、僕は

もう僕のこと、色々分かってくれているので作業はとてもスムーズ。今回も、非常にバラエティ豊かな曲たちを一本のストーリーに見事に紡ぎ上げていただきました。
そしてこの日はベーシストとして今回のレコーディングに参加してくれた宮本知範氏も途中参戦。クリエイティブで楽しい午後の時間を満喫させていただきました。

In
背中がデカイ・ハートもデカイです
アルバムタイトルをどうしようかとずっと考えていました。結構僕にとってアルバムタイトルは重要なんです。個人的なこだわり以外の何者でもありませんが(笑)。創作段階から始まって、レコーディング、ミックスダウン、PV製作、マスタリング・・・今年のほとんどをこのアルバム制作のために使ってきました。かけがえのない音楽仲間たちとの瞬間瞬間を振り返りながら、いつか使いたいとずっと寝かしてきたタイトルを今回使うことにしました。

Pictures_jaket
『Pictures / Kose Satoshi』のリリースは12/6です。

ご協力くださったたくさんの才能豊かなアーティストたちに感謝の気持ちを込めてこのアルバムを捧げます。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

フォト

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

古瀬智志情報