人生

2014年2月18日 (火)

浅田真央が僕らに見せてくれるもの

ネット記事や書き込みを見ていると、国の事、政治の事、ライバルの事、メンタルの事、調子の事、プログラムの事・・・本当に色々書いてある。これらは全て当人とは関係ない事ばかりなんだけど、みんなが自分の事のように女子フィギュアの行方に関心を持っている事がよく分かる。
4年前、アルベールビルオリンピックの浅田真央を僕らは観ている。オリンピックはアスリートにとって「集大成」の舞台である事がほとんどだと思うのですが、彼女の場合は、そのアルベールビルを新たな「スタート」として、4年間という長い期間をかけた壮大なドラマを僕らに見せてくれてきた。そしてその結末を僕らはもうすぐ知るわけです。それもたった4~5分で。そりゃこっちだって緊張するし、どきどき・ハラハラするさ。
でもね、僕は思うんですよ。
世界最高レベルのアスリート(一人の人間)が4年間もかけて壮大に築き上げてきたストーリー:努力の先にある答えを、最高の舞台で確認できる機会なんてそうそうある事じゃないでしょ?どこかで彗星のように現れてスっとメダルをさらっていく天才もいれば、全てをかけて万全を尽くしても期に恵まれない不遇のチャンピオンも生まれるのがオリンピックという舞台。
そんな中、4年間、まず怪我をせず、精神的にも数々の困難と向き合い、しっかり乗り越え(もちろんツラかった時期もあったでしょうが)、万事を尽くした状態で世界最高レベルの選手が最高の舞台でこれまでの集大成を見せてくれる。これってすごい事だよね。あたり前だけど、僕なんかの弱っちぃ精神力や体力では到底できない「一人の人間の境地」みたいなものを僕らはもうすぐ目撃するわけです。
結果うんぬんはもちろん時がくれば出るのですが、彼女が向き合ってきたこの4年間に果たしてどういう答えを出すのか、それをどう受け入れるのか、それをただ前向きに温かく見守りたいのです。
採点基準がどう?
ライバルがどう?
もっと重要な事を彼女は僕らにもうすぐ見せてくれるんですよ。見逃さないように、ドキドキ・ワクワクしながら、でも僕らも勇気をもって温かく見守りましょう!結果は結果。メダルも大事だけど、その向こうにある彼女がもうすぐ出すであろう答えに僕はすごく興味があります。もしかしたら僕の今後の人生の大きなヒントの一つになるかも知れないから。

2014年2月15日 (土)

静寂も良きかな

Photo

今日は仕事から帰って「世紀の名曲」でも産み落とそうとピアノの前でレコーダー回してたんですが、途中でくたびれてしまってちょっと昼寝・・・のつもりが起きたら22時回ってました。晩御飯も別に・・・って感じで窓を開けるとあら大変。先週に続いて外が大変な大雪に。でももう大人なので目の前の現実を穏やかに受け入れております。この世界は僕を中心には動いていないのです。
雪が積もると世界が静かになりますよね。いつもの町の機械音とか騒音がなくなるというのか。現実的に言えば町の機能が麻痺しているのでしょうが、子供の頃はこの静寂が普通でした。昼と夜のギャップがしっかりあって、だからめりはりのある毎日だったのかも。今は「ブーン、ブーン」って機会や電化製品が振動するのを無意識の中で一日中受け入れています。だから、たまにこういう「しんしん」とした静けさを体験すると普段の生活の煩雑さに改めて気がつくというものです。今年に入って早や2度目の大雪。先週より馴染んでているかも・・・でも明日会社行くの大変そう。早起きして歩いて行かなきゃ。
2/26のライブは無料ライブです(ドリンク代だけかかります)。
久しぶりのライブなのでみんなに聞いてもらうのが今から楽しみです、どうぞよろしく!

2013年12月31日 (火)

一年前の自分からのメッセージ

掃除してたら手紙が出てきた。忘れていた存在。去年の大晦日に一年後の自分に向けて書いた手紙。

「こうなれていたら、僕は君を好きになるだろう
・1年かけてポジティヴを格好良いと思えるようになる
・お酒は家では基本的に飲まない
・恋をする
・ヨガで体のケアをする
・アルバムを作る
・些細なコンプレックスにこだわらない日々を送る
・希望を簡単に捨ててしまわない心を持つ
・お金に囚われない
・小さな怠惰を日々こまめに乗り越えていく事で、自分や人生に飽きない
・よく歩き、よく深呼吸する
・他人の言動に振り回されない
・ピアノが上手になる
・歌も上手になる
・コンペに勝つ
・「幸せ」を見失わないように日々大切に生きる
・感謝ノートをつけ続ける
・一日を感謝で終われるようになる」



なかなか面白い所ついてるな、去年の自分(笑)
点数は・・・65点くらいかな?
多分去年の大晦日ここに書いた事は、どれもが上手に出来なかった事ばかりだと思うので、そういう意味では今年は結構成長した一年になったと思います。
長い長いトンネルをゆっくり抜けるような一年でした。

表立った活動はあまりできませんでしたが、今年も一年間ありがとうございました。来年はもうちょっと頑張って活動することになると思いますので、どうぞ温かく見守っていただきますよう、何卒よろしくお願いいたいます。
                                      古瀬智志 2013.12.31
 __

2013年12月25日 (水)

静かにじっくりゆっくりと

現状に満足がいかない場合、理由がわかると以外と解決するものです。

物理的に世界を自分の思い通りに変えるのはなかなか大変かも知れないが、少なくとも精神的に納得し前に進めるようにはなります。

たとえば、
どーーしても好きになれない人が職場にいる場合、
「私はあの人のどこが嫌いなんだろう」
→(ここでとっさに「ぜーんぶ!」って言わずに)
→「顔が嫌い」→「顔のどこが嫌いなんだろう」
→(ここでとっさに「ぜーんぶ!」って言わずに)
→「あのでっかい鼻だ」→「なんででっかい鼻が嫌いなだろう」
→(ここでとっさに「とにかくでかいから」って言わずに)
→「あ、そういえば●年前に私にいじわるばっかりしてきてた前の職場の上司がでっかい鼻だったな!」
なんて事があります。


他にも、
甘えるタイプの人間がどーしても許せない場合、
「私は何故このタイプの人が嫌いなんだろう」
→(ここでとっさに「うざいから!」って言わずに)
「自分勝手で他人に迷惑をかけている事に気付いていないから」
→(何故それに私は腹が立つのだろう)
→(ここでとっさに「どうしようもないバカだから!」とは言わずに)
または、「分かっていてわざをそれをしているから」
→(何故それに私は腹が立つのだろう)
→(ここでとっさに「そんなの人として最低だから!」とは言わずに)
→「あ、そうか、本当は私も人に甘えたいんだ、でもそれを頑張って我慢しているから、我慢せずに好きなようにやってるあの人が嫌いなんだ!」
なんて事が僕も過去にありました。
それがわかれば、自分も甘えるか、甘えない自分を立派だと褒めてあげるか、とにかく前進できます。




今、目の前に存在している腹が立つ事について、僕らはなるべく腹が立つままにしておこうとする傾向がありますが、ちょっとだけ勇気を出して向き合って掘り下げてみると、意外なサプライズアンサーが、わりとあっさり見つかったりしますよ。
毎日がBrand New Day!!
今日も楽しく張り切っていきましょう
そして今日は12/25日、メリークリスマス!
今年もあと一週間。
Beandnewday_jaketweb

2013年9月10日 (火)

節約週間

先週はフルに自炊しての節約週間でした。

1週間限定だったのでもう終わりましたが、本気出せば節約って結構やれるもんですね。
バイトをやめる前の無駄遣いが今となってはちょっと悔やまれます。あの頃に今くらい気合い入れて節約してたら、多分アルバム1枚リリースするくらいの予算はとっくに貯金できていたと思う。まあ過ぎたことはしょうがないですけど。
先日、今年知り合ったエンジニアさんに依頼していた新曲のミックスが上がってきました。
「もう本当にやりたい音楽しかやらない」と決めたNew古瀬智志の第一弾にふさわしい、売れ千とはあまりにも程遠い(笑)でもとっても古瀬智志らしい、にやっとする新曲です。これから映像つけて、この秋に発表しようと思っていますのでしばらく楽しみに待っていてください。
ちなみにこの後は1曲単位でではありますが、新曲をどんどん発表していきます。そしていっぱい溜まったらアルバムにする予定です。ぱじゃまらいぶみたいに毎週というワケにはいきませんが、コンスタントに出していくつもりですので、期待していてください。

2013年2月28日 (木)

また来たこの季節。。

今日はもう木曜日か・・

先週から怒涛の製作ラッシュの日々を送っております。
人に聞かせられるほどしっかりは仕上げてはいないんだけど、今後の仕事のために今のうちにアイデアのストックをできるだけたくさん作っておこうと思い、自分が歌うための曲も人に提供するつもりの曲も関係なく、とにかくじゃんじゃんPCソフトに乗っけてデータ化している所です。8月の40歳になる前に100曲くらい作るつもりでやってるので、今は2日に1曲のペースです。頭スパークしまくり、才能爆発です(笑)根性出せば案外歌詞も書けるものなのね。まあ2日やると半日くらいバタンキューするのだけど。
今日は仕事がお休み。
これから2~3月の風物詩:確定申告の準備です。
去年の作業は・・まだ何にもしてない凹。
これから去年のスケジュール表みながら、レシートや領収証の整理をします。多分夕方には爆発して外に飛び出すことになるのでしょう。まあそれもまた風物詩といことで。
Photo

2012年11月 6日 (火)

中庸であれ

これは僕の座右の銘というか、人生目標です。

なぜかこの「中庸」という言葉は、若い頃から縁があってずっと知ってるというか、気になっている感覚です。
バランスとも言い換えられるかも知れませんが、いつもシーソーの真ん中で上手に(ハラハラしながら)バランスを取っているような状態・・・・ではないんですよねw
音楽も、人生も、何事も、「ほどほど」を知るためには、一度はどちらかに振り切ってみる必要があるようです。どんなに上手にバランスを取れていると思っていても、実際はそうは上手にやれていない、というのが僕のこれまでの過去の経験則です。
いっぱい勘違いをして、失敗をして、他人に迷惑をかけたり傷つけたり傷つけられたりしながら、でもそれらの苦い経験を元に、物事の両端、良し悪しの両端を知って、結果どの辺がちょうど良いのかが分かってくるのだと思います。そしてそれが大人になるという事なのだと思うのです。
「やりすぎ」「やらなさすぎ」のさじ加減って本当に難しいですよね。最終的に死ぬ前に「ど真ん中」にいたいというのが、僕の本望です(笑)。
Photo
食欲の秋、僕の場合まず「腹八分目」が超難関なのです。

2012年3月 2日 (金)

集大成というよりは

これまでの集大成というよりはむしろ、半年後に全く新たな気持ちで音楽に取り組み始められるように、今のうちにやっておけそうな事を一通り試してみた、2/29の天窓.comfortでのライブでした。まさかの大雪で足元がすごく悪い中、いつも以上にホントにたくさんの人が会いに来てくれて、すごく嬉しかったです。ありがとうございました!

休養と今後について

別に夢を諦めるとかではないのですが、上京時から「メジャーデビュー」を目標に15年以上表立って活動してきたので、この年齢になり僕も大人になったので(笑)一度きちんと軌道修正をしたいと思っていました。といっても、いままでもこれからも、音楽は常に僕の目の前にあり、生活の一部であり、人生で最も重要なものの一つであることに何ら変わりはないのですが。僕にとって音楽活動はこれからも「本業」であり「天職」であり続けると思います。でもそのあり方については20代の頃の唯一的なビジョンやこだわりはもうありません。漠然と100万人に届けばいいな~と思って作ってきた自分の曲たちも、今は近くにいる100人、1000人にもっと深く伝わるようになっていってほしいと思うようになりました。

ここまで、遠くにある大きな目標を達成するために、音楽的にもそれ以外の部分でも長い間色んな事をあきらめたり我慢したりしてきたので(→結局僕が勝手に自分でやってきた事ですが)、今後は本当にいま自分がしたい事、したい音楽、したい表現、したい生き方を、目の前の小さな事から一つずつ実現させていく人生にシフトチェンジしていきたいです。ただここまでやってきた長年の流れから、生き方の「癖」みたいなものはきっと根強く積み重なってきてるし、はい明日からってな具合には簡単には変えられそうにもないので、ここで一旦お休み&オーバーホールさせてください。

半年後の自分が何を考え、何をしようとしているか・・・今の僕なりの予想はありますが、変わる可能性も十分あるし、この後発見する事も大切にしたいので、ここで公言する事はやめておきます。今年後半の古瀬智志をどうぞお楽しみに。

それから、音楽で何らかの社会貢献をしたいという気持ちも今はすごく強いので、シンガーソングライターとしての自由な活動とは別に、作曲家として世の輝く若き才能たちのために良い曲を提供していくという仕事も、今後はしっかりやっていきたいと思っています。

まあ今はこんな事を考えつつも、

「休みじゃ======!!!!、イェ~イ!!!!!!!!!!」


てのが本音ですかね <(_ _)><(_ _)><(_ _)>


もうすぐ春です。
→花粉症だな~
→梅雨でじめじめするな~
→猛暑キツイな~

・・・とかなんとかいってるうちにちょっと涼しくなる頃にまたお会いしましょう。

それまでみなさんもお元気で。

2012.2.29 高田馬場天窓.comfort
set list

1.Mind
2.Glider
3.Sentimental
4.追跡調査
5.月(ex:イツロモリ)
6.Wave

Photo


2011年12月24日 (土)

命拾い

昨夜、鍋を火にかけたまま寝てしまい、味噌汁グツグツ6時間。。朝焦げ臭くて目が覚めてパニック。それでも鍋だとは思ってもいなかったので、レンジを調べたり、アロマの灰を調べたり、オーブンチェックしたり・・・で、最後にガス代みたらごく小さな火がついた鍋が、中の具ごと真っ黒になっててチリチリ音を立てておりました(すごく弱火だったので火が出たり、火災報知機が鳴る手前でした)。

今朝はバイトもあってそのまますぐバタバタ出勤したけど、今帰宅して、尋常じゃなく焦げ臭い我が家で静かに凹んでおります。ホント一歩間違えれば年越せないところでした。命はもちろん、火が出てたらと思うとゾっとします。普段から火の元・水の元はすごく気をつけているのですが、いろんな「魔」のタイミングが重なってしまって。でもこういう事もあるのですから、気をつけすぎるという事はないですね。

ここ最近はゆったりまったり過ごしていますから、体も心も随分休まっているのですが、最低限のスイッチは切らないように注意しようと思います。


とりあえず、鍋買わなきゃな。。

Photo


寒い日が続きますが、みなさんも火の元には十分にご注意を!
それではメリー・クリスマス!!

↓もうすぐ今年最後のライブです。


いろいろあった2011年、おなじみ高田馬場天窓.comfortで、年の瀬ライブで「総まとめ」しましょ。
この日はピアノマン:羽井一彰のナビゲートでお贈りする、ピアノ弾き的「大忘年会」
ピアノヴォーカルの名手がズラリ、最初から最後までたっぷりお楽しみください!!
■日  付:12/30(金)
■イベント:《イツロOh!!モリ》
■時  間:OPEN/START 17:30/18:00
■会  場:高田馬場天窓.comfort
■チケット:2000円(ド別)
■出  演:みのる/後藤一哉/山本さくら/古瀬智志/横田良子/イツロモリ
ナビゲーター:羽井一彰
※古瀬智志の出演は4人目で19:30頃~、3,4曲やる予定です。

2011年10月 9日 (日)

大阪初ライブ大団円無事終了!

夕べ、またひとつ僕の夢が実現しました。

地元大阪での初ライブ「HeartStrings」@芦原MAKEにお越しくださったみなさん、本当にありがとうございました。

両親や親戚・地元の人たちの前で、こんなに楽しく本気で演奏できたことが今でも夢のようです。多分去年までの僕では無理でした。

もしかしたらいろんな準備がしっかり揃うまで、音楽の神様が僕の大阪行きを止めてくれていたのかも知れませんね。昨日は僕を東京に送り出してくれた大阪の人たちへの感謝と、東京でしっかりやってるぞ、という成果をちゃんとみせたいという責任感と、両方が僕の中にすごく強くありました。こんな複雑な気持ちでライブを迎えることはおそらくもうないでしょうし、それを無事に楽しい夜にすることが(多分)できたので、今は小さいけど小さくはない達成感みたいなものでいっぱいです。

ちゃんと練習しといてよかった(笑)

会場で両親がなんともいえない嬉しそうな顔をしているのが印象的でした。あとで聞いたら、父親は僕の出番の直前に「心配で見てられへんからもう帰ろうかな」と漏らしていたらしいです。ちょっとは親孝行できたかな?

そしていざライブが始まると、それはもう!大阪弁の野次やら声援やらが、雨アラレの如く降りかかる壮絶なカオスとなり(爆)、それを必死でさばきながら最後はみんなの笑顔で終わるという、文字通り「奇跡の大団円」となったのです。まあ「大阪ビギナーズラック」って事にしておきます。感謝。

今回企画してくれた渡辺ケイジ君、競演の東ともみさん、cafe MAKEのスタッフのみなさん、お客さん、古瀬ファミリー、あんたたちホント最高だぜ!

ライブのMCでも言いましたが、これを決して「1回きりの思い出」にするつもりはないし、昨日の終わったあとの感じだともっとお客さんが増やせそうな気もするので、来年早々にでもまた行きたいです。

撤収後、翌日早朝出発だったので、そのまま心斎橋のカプセルホテルに泊まりました。人生初カプセルホテル、ひゃっほ~ぃ!なんでもあるし、もっと狭いと思ってたけど、結構俺好きかも。これでもう遠征の心配はひとつなくなりました。

翌日の事はまた次の日記で。

(今名古屋のネットカフェからなので写真はまた後ほど)。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

フォト

twitter

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

古瀬智志情報